コーヒーポッドと熊のヒゲ

世界のかたすみで何かしらつぶやく
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
LINKS
スーパー併設の本屋で買ったら、芳香剤か何かのニオイを吸収したらしく、本を開くと息苦しくなって、読めない。
消臭剤など流してなさそうな本屋で買ったが、たっぷりしみこんでいた。使えないものを売るなと思うが、そう思う人はあまりいないのだろう。
10月6日発売。
ナノイーXを使った脱臭ハンガー。これはチェックせざるをえない。
読んだ。においについて概観しつつ、悪臭対策とよりよいかおり空間の創造について述べていた。自分とは直接関係なかったが、参考になった。
PROFILE
SEARCH
読売新聞朝刊1面の広告から(2011年11月28日)
こち亀35周年の広告
各紙でやってるのかどうか知らないが、
「こち亀」35周年記念の広告で、
金曜日まで、スポーツ面に「こち亀」の4コマが
掲載されるそうだ。
初日のオチは、やっつけっぽかった。

【Amazon.co.jp】こちら葛飾区亀有公園前派出所999巻 13誌出張版の巻 (ジャンプコミックス)

追記:月曜と金曜は、最初と最後ということで、ありきたりだったが、火曜には、早速4コママンガでなくなるなど、安定感のあるはちゃめちゃさだった。(2011年12月2日)
| 目分量 | 読売新聞朝刊1面広告から | - | trackbacks(0) | - |
読売新聞朝刊1面の広告から(2011年10月31日)
読売新聞広告 マンガでわかるコンクリート「マンガでわかる」もここまできたかという一品。
「建築系や土木系でコンクリートをはじめて学ぶ人のため」であっても、マンガのほうがとっつきやすいのかな。
素人なりに「コンクリートで起こるひび割れや劣化はなぜ起こるのか」は興味ある。

【Amazon.co.jp】マンガでわかるコンクリート


今回で、読売新聞1面の広告から1つ引っ張ってきて、思いつきで物を言うこのエントリーはおしまいにします。ご覧いただき、ありがとうございました。
| 目分量 | 読売新聞朝刊1面広告から | - | trackbacks(0) | - |
読売新聞朝刊1面の広告から(2011年10月30日)
読売新聞広告 ユリイカ臨時増刊魔法少女まどか☆マギカ「まどか☆マギカ」は、不覚にも、題名にだまされて見なかった。惜しいことをした。いまだに取り上げる媒体があるのを見ると、なおさら思う。

【Amazon.co.jp】ユリイカ2011年11月臨時増刊号 総特集=魔法少女まどか☆マギカ 魔法少女に花束を
| 目分量 | 読売新聞朝刊1面広告から | - | trackbacks(0) | - |
読売新聞朝刊1面の広告から(2011年10月29日)
読売新聞広告 カイジ逆転の心理学映画2作目の公開にちなんだ便乗本のような感じ。
目次を読んだ限りでは、心理学というより処世術という印象で、ノウハウ本としてもキャラ本としても中途半端な印象だった。

【Amazon.co.jp】カイジ 逆転の心理学−困難に打ち勝つ・人生を切り開くテクニック−
| 目分量 | 読売新聞朝刊1面広告から | - | trackbacks(0) | - |
読売新聞朝刊1面の広告から(2011年10月28日)
読売新聞広告 家計簿2012えっ、家計簿? 広告打つの早すぎないかと思ったけど、来週から11月だった。今年も押し迫ってきた。たぶんあと2、3回年賀状関連の広告が載るんじゃないかと思う。
本書は、節約に力点を置いた家計簿のもよう。この夏の節電だってわりと簡単にできじゃなーい? だから節約もたいして難しくないのよーんみたいな。

【Amazon.co.jp】クロワッサン特別編集 家計簿 2012 (マガジンハウスムック)
| 目分量 | 読売新聞朝刊1面広告から | - | trackbacks(0) | - |
読売新聞朝刊1面の広告から(2011年10月27日)
読売新聞広告 奇跡の船「宗谷」ドラマ「南極大陸」にちなんで、新装版を出したもよう。南極観測船「宗谷」の数奇な生涯をたどったノンフィクションだそうだ。
ドラマは見ていない。いつまでも下っ端役でいるためには、昭和を舞台にもってこないとダメなのかと思ったぐらい。

【Amazon.co.jp】奇跡の船「宗谷」 [新装版]
| 目分量 | 読売新聞朝刊1面広告から | - | trackbacks(0) | - |
読売新聞朝刊1面の広告から(2011年10月26日)
読売新聞広告 芸術新潮2011年11月小特集が「新股間若衆 日本近現代写真の男性裸体表現の研究」。
飛びつきそうな女子がいそうだなと思ったのはともかく、割れた腹筋が肉体美として受容されていく歴史(割れた腹筋は西洋から輸入されたもので、日本の系譜にはないものだった(と思う))を追ったものかと思ったら、男性ヌードで股間をどう表現するか解決策をさぐったものらしい。「股間」ってあるし、そりゃそうか。第1弾が昨年大反響だったそうだ。

芸術新潮2011年11月号編集長から

【Amazon.co.jp】芸術新潮 2011年 11月号 [雑誌]
| 目分量 | 読売新聞朝刊1面広告から | - | trackbacks(0) | - |
読売新聞朝刊1面の広告から(2011年10月25日)
読売新聞広告 人がヒトをデザインする副題のとおり、ヒトの遺伝子改良は許されるのかを、ナチスの優生政策やリベラル優生学など、古今の思想、事件の検証を通して論じたもののもよう。
目次を読んだ限りでは、著者は改良に反対している印象を受けた。治療と改良の境目を考えなければならない時期にきているようで、私の手には余る話だけど、目の前に突きつけられる日もそう遠くないみたい。

【Amazon.co.jp】人がヒトをデザインする―遺伝子改良は許されるか―
| 目分量 | 読売新聞朝刊1面広告から | - | trackbacks(0) | - |
読売新聞朝刊1面の広告から(2011年10月24日)
読売新聞広告 諜報ビジネス最前線諜報活動も産業化してて、世界規模のその活動の全貌を明らかにした本らしい。
冷戦の頃は、スパイ活動は国家がらみと相場が決まってて、企業がらみは産業スパイとかいわれて、格下扱いされてたけど、今やスパイも民間産業になって、主戦場は企業か。時代だな・・・。

【Amazon.co.jp】諜報ビジネス最前線

| 目分量 | 読売新聞朝刊1面広告から | - | trackbacks(0) | - |
読売新聞朝刊1面の広告から(2011年10月23日)
読売新聞広告 もしもあの写真がネットにバラまかれたらスマートフォンのセキュリティーについての本のもよう。ウイルスとかに狙われるぐらい、スマートフォンも一般化したのかという感慨があったが、普及具合からすると、もっと早く出てもいい本のような気がする。
目次を読んでて、ネット接続が一般的になりつつあった頃のパソコンを思い出したが、結局、セキュリティーソフト入れようぜって話だろうか。

【Amazon.co.jp】もしもあの写真がネットにバラまかれたら あなたの知らないスマートフォン、ソーシャルネットワークの落とし穴 (ビジネスファミ通)

| 目分量 | 読売新聞朝刊1面広告から | - | trackbacks(0) | - |
<new | top | old>