コーヒーポッドと熊のヒゲ

世界のかたすみで何かしらつぶやく
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
LINKS
すうの奇策がまぶしい。3巻8月10日発売。
ネコ、はやりすぎ。
つぶらな瞳らしい。世の中は広い。
特集だけ読んだ。孤独のグルメには出てこなさそうな料理の写真だけでおなかいっぱいになった。
読んだ。楽して月ウン万円みたいな本を読んで、やっぱ金にしようと思うと、しちめんどくさいと思う恒例行事。
PROFILE
SEARCH
クラブサンデー2014年5月30日更新
『LASBOSS×HERO』の最終回は
載らないのかとぼやいたら、掲載され、
さらにクラサン杯が始まってしまい、
タイミングが悪いですが、
『LASBOSS×HERO』の最終回を見届けたので、
クラブサンデーの感想を書くエントリーは、
今回で終わることにします。

キザったらしい言い方をすれば、
もうここに私はいないからということですが、
しちめんどくさくいえば、
自分が若かった頃の若者像と
今の若者像が一致しなくなり、
若者の物語というだけでは、
理解や共感をすることが難しくなりました。

若い頃は、年を取ったからという理由が
ただの言い訳に思えたものですが、
同世代が共有している枠組みというか、
空気感というのは
けっこう見方を縛るもので、
同じような登場人物が
同じように話を展開していても、
自分と世代が違う人が描いていると
何か違っていて、
その何かがよくわからないので、
その何か違う部分についてのよしあしが
判断できないのです。
自分より上の世代の人間が、
下の世代の人間がやったことに対して言う
「なんだかよくわからない」
という言葉の意味はこれだったのかと
目からウロコが落ちたりもしましたが、
そんなことを言う人間に
なるつもりはなかったので、
いざ自分がそうなったときには
かなり衝撃を受けました。

簡単にいえば、年を取って
立ち位置が変わったというだけの話ですが、
振り返って、一致しない若者像が増えるごとに
自分は古くなっていくというのは、
私にとっては発見でした。

そんなわけで、
クラブサンデーの読者たりえなくなったので、
それはずいぶん前からだろうという話も
あるとは思いますが、
この辺でこの感想エントリーは
おしまいにします。
今までお読みいただき、
ありがとうございました。

クラブサンデーがこれからどうなっていくのか
わかりませんが、
栄枯盛衰を越えて、
いついつまでも発展していくことを
お祈りしております。


クラブサンデー
 裏サンデー
 裏サンデーU-2リーグ
 第3回裏サン投稿トーナメント投稿受付中
 モリタイシの後世に伝えたい美女名鑑
 第5回クラサン杯開幕
  今回は、投票が、各作品、公開から1週間になり、
  獲得星数が
  1日1回公表されることになったそうだ。
  最初の4作品は、
  楽しそうに描いている感じだった。

・【サンデーより】ヘブンズランナーアキラ(二階堂ヒカル)
 主人公がなぜ笑っているのか
 初回に説明があったが、
 今回、主人公自身が述懐しており、
 初回の説明はないほうが
 効果的だったのではないかと思う。
 生硬で上滑りしている感じだが、
 過不足のない描写で、
 話は設定の紹介が済んだところであり、
 まだまだこれからだとは思う。

・【最終回】LASBOSS×HERO(葛城一)
 自分の作品を打ち切りにするため、
 物語世界で暗躍し葛藤する作家の物語完結。
 自分の作品を打ち壊すため
 暗い情熱を傾けるが
 なかなかうまくいかない主人公に
 笑いを誘われながら、
 けっこう感情移入していた。
 意表をつく展開が多かったが、
 主人公自体は、時に意表をつきながら、
 それに振り回されてしまう
 等身大の人物だったからだと思う。
 真の魔王が明らかになってからは
 どうなってしまうのかハラハラしたが、
 最終回は、終わるけど終わりじゃないという、
 吹っ切れた終わり方で、
 こちらまで吹っ切れた思いがした。

*今月の新刊(クリックでAmazonへ)
 完結LASBOSS×HERO 4 (少年サンデーコミックス)
 
前回更新の感想

いろいろ書いてきましたが、
ここに書いた批判も称賛も、
すべて作品が書かせたものです。
ありがとうございました。
 
| 目分量 | クラブサンデー | - | trackbacks(0) | - |
クラブサンデー2014年5月27日更新
なんかもう、
割れろ、地球という気分で・・・。
まあ実際、すっぱり割れてくれりゃあ、
後腐れなくて、さっぱりだ。


クラブサンデー
 『LASBOSS×HERO』の最終回を見届けたら、
 クラブサンデーの感想エントリーも
 おしまいにしようと思っていたのだけど、
 最終回は掲載されないもよう。
 やめるタイミングをことごとく逸している。
 (追記:と思ったら、5月30日更新に
 最終回が掲載されました。
 結果的にデマを飛ばしてしまい、申し訳ありません。
 2014年5月30日)
 裏サンデー
 裏サンデーU-2リーグ
 第3回裏サン投稿トーナメント投稿募集中
 モリタイシの後世に伝えたい美女名鑑

・【サンデーより】キャラクタイムズ(萬屋不死身之介)
 本誌と増刊のダブル連載になったそうだ。
 つまらなくはないけど、
 微苦笑というのは
 こういうときに使う言葉なのかな
 と思わなくもない。

・キュピコ! 〜ふしまつ天使のミスマネージメント〜(山下文吾)
 「そもそも、恋愛なんてただのホルモン」
 キューピッドなのに(笑)。
 いつも話は型通りで、
 フシマツのライバル登場も型通りだったが、
 熱帯魚のことはほとんど知らないので、
 熱帯魚好きは
 そういうところに目を向けるのか
 というあたりを、興味を持って読んだ。

・名無しは一体誰でしょう?(原作 山田鐘人 作画 岡河亮)
 今回はインターバルで、
 コメディータッチだったが、
 緊張と緩和の差があまり感じられず、
 もうひとつ笑えなかった。

・カンフーウィッチ(中斉翔)
 まんがカレッジ2014年1月期努力賞。
 父親に無茶な修行を押しつけられて、
 カンフーに嫌気がさしていた主人公は、
 家出しようとした瞬間、魔女の里に召喚され、
 魔女にカンフーを教えてほしいと頼まれる・・・。
 可もなく不可もなし。
 話はまとまっていたが、
 どのエピソードも小さくまとまっていて、
 大きな盛り上がりに
 つながらなかったように思う。

*今月の新刊(クリックでAmazonへ)
 完結LASBOSS×HERO 4 (少年サンデーコミックス)
 
前回更新の感想||次回更新の感想
| 目分量 | クラブサンデー | - | trackbacks(0) | - |
クラブサンデー2014年5月23日更新
児童ポルノの単純所持禁止で
5党合意とか、
集団的自衛権とか、
原発再稼働差し止め判決とか、
中国とか、ウクライナとか、
河原に埋めたスマホの付着物の
DNAが一致したとかいう話は
どこいっちゃったのかとか
いろんなことがあったが、
なにしろ息ができないので、
そんなにいろいろ起こっても困るなあと。


クラブサンデー
 クロムで一時読めなかったが、
 アップデートしたせいか、
 対応したのか、今は読める。
(追記:というより、ネット接続が不安定なせいのようだ。
 2014年5月30日)
 裏サンデー
 裏サンデーU-2リーグ
 第3回裏サン投稿トーナメント応募7月21日まで
 モリタイシの後世に伝えたい美女名鑑

・【サンデーより】境界のRINNE(高橋留美子)
 つまらなくはなかったけど、
 こぢんまりしていて、
 思ったほど盛り上がらなかった。 
 メリハリや緩急が
 あまり利いてなかったように思う。

・拷問椅子探偵(湖山倫啓)
 表情が乏しいから
 というわけでもないだろうが、
 説明的に感じられる台詞が多すぎて、
 メリハリが感じられず、平板だった。
 脳内麻薬の大量分泌による捜査
 という設定は、
 科学捜査的な部分を
 探偵一人でどうやるかというのの
 一つの解答のようにも思うが、
 探偵一人で自己完結してしまい、
 話の広がりに欠けるような気もする。

・【読切】俺の執事とメイドが腐っていて困る(片倉頼)
 貧乏くじを引きまくる
 不運体質の主人公のもとに、
 執事とメイドが降ってわいた。
 一度は追い返したものの、
 その執事とメイドにつきまとわれる・・・。
 説明的な描写が多く、一本調子だった。
 話や笑いどころ、タイトルは、
 読んだ印象ほど悪くなかったと思うので、
 台詞を整理して、
 コマ割りなどにメリハリをつければ、
 もっとおもしろかったのではないかと思う。

・【読切】勇者喜劇(藤田強)
 まんがカレッジ2014年1月期努力賞。
 姫を奪おうとする魔王を倒した勇者と、
 間違えて別の魔王を倒した勇者が、
 姫と結婚する権利をめぐって争うが・・・。
 アイデアは悪くなかったが、
 台詞が多すぎて、絵もわかりにくく、
 一本調子で盛り上がりに欠け、
 どこがクライマックスなのか
 読み終わるまでわからなかった。
 終局に向かって緊張感が高まるような
 演出なり何なりをしてほしかった。

*今月の新刊(クリックでAmazonへ)
 完結LASBOSS×HERO 4 (少年サンデーコミックス)
 
前回更新の感想||次回更新の感想
| 目分量 | クラブサンデー | - | trackbacks(0) | - |
クラブサンデー2014年5月20日更新
たまには普通に息がしたい。


クラブサンデー
裏サンデー
裏サンデーU-2リーグ
第3回裏サン投稿トーナメント投稿募集中
モリタイシの後世に伝えたい美女名鑑

・【サンデーより】キャプテン・アース(原作 BONES 漫画 中西寛)
 放送中の同名アニメのコミカライズ。
 ちょっとした山場だったが、
 マが悪い印象で、盛り上がりに欠け、
 平板に感じられた。

 アニメは6話ぐらいまでだったか見たけど、
 何もかも小出しにされて、
 記憶力低下気味の昨今においては、
 話を把握するのがめんどくさい、
 アクションは今どきのものは
 よさがわからない
 と年齢を意識してしまうような
 感想しかなくて、もの悲しい。

・夏空エンドラン(伊藤しろ)
 くっついたり離れたりされても、
 それが積み重なって
 関係性ができていく感じがせず、
 いつまで経っても、
 2人の現在地がよくわからない。

・女子高生刑事 白石ひなた(早坂ガブ)
 「ヘラヘラしたバカ刑事かと思ってたのに」
 同感ですね(笑)。
 拝田さんとは
 結ばれない運命になったようだが、
 クロウにとっては、
 それはそれでありなのかな。

・【サンデーより】ヘブンズランナーアキラ(二階堂ヒカル)
 サンデー本誌で始まった新連載だそうだ。
 陸上部でマラソンをやるらしいが、
 初回は、主人公のキャラクターが、
 アクが強いわりにきわだたず、
 性格付けが
 とってつけたように感じられた。
 走ってるときのスピード感や力感は
 感じられたので、部活が始まれば、
 印象は違うかもしれない。

・【読切】本気の3秒前(内山紫雲)
 まんがカレッジ2014年1月期努力賞。
 自分に告白するという女子の話を
 うっかり聞いてしまった主人公は、
 逃げ回るが、
 幼なじみから本気出せと怒られる・・・。
 会話のテンポがよく、
 終始楽しい雰囲気で、
 読後感はさわやかだったが、
 内容のわりに長かったように思う。
 長すぎて冗漫というほどではなかったが、
 話が散漫になった感があり、
 テーマに沿って
 エピソードの比重を変えれば、
 主人公が一歩踏み出したときに
 もっと感動したと思う。

*今月の新刊(クリックでAmazonへ)
  完結 LASBOSS×HERO 4 (少年サンデーコミックス)
 
前回更新の感想||次回更新の感想
| 目分量 | クラブサンデー | - | trackbacks(0) | - |
クラブサンデー2014年5月16日更新
憲法解釈を変更して、
集団的自衛権を限定的に認めるよう、
閣議決定するため、検討を始めると
首相が記者会見で述べていた。
率直にいって、
へ理屈にしか聞こえなかったが、
なんだかよくわからないことを
言っているのに、
批判や疑念を誤解だと切り捨てるところは、
特定秘密保護法のときと似ていて、
げんなりする。

公明党は慎重姿勢を崩していないといっても、
秘密保護法のときと同じように
自民党に引きずられて、
わけのわからない合意をするんだろうと、
公明党にがっかりしてしまうが、
公明党にがっかりする自分にがっかりだ。

なんかもう、丁寧に繰り言聞かされるのは
うんざりなので、
法律のチェックは内閣法制局ではなく、
裁判所の仕事だというなら、
政府は、集団的自衛権の合憲性確認訴訟でも
起こしたらいかがか。


クラブサンデー
 裏サンデー
 裏サンデーU-2リーグ
 第3回裏サン投稿トーナメント募集開始
 モリタイシの後世に伝えたい美女名鑑

・【サンデーより】ファンタジスタ ステラ(漫画 草場道輝 原案・協力 本田圭佑)
 どういう試合で、どんな経過だったのか
 まるでわからなくても、
 ぐっとひきこまれるのは、
 どういう描き方によるものなのだろう。
 最後のコマには戦慄した。

・本日のギャグのおすすめ(遊眠)
 次回最終回みたいな展開だけど、
 そういうわけではないのかな。
 「もち」のほうは、
 やぶれかぶれみたいな感じだった。

・名無しは一体誰でしょう?(原作 山田鐘人 作画 岡河亮)
 緊張感はあって、
 どうなるのかそこそこハラハラしたが、
 捜し物はどうするのだろう
 というほうが気になってしまって、
 もうひとつ話に乗り切れなかった。

・【読切】光の鳥(濱崎真代)
 まんがカレッジ佳作。
 高校夜間部で文化祭の実行委員を
 やるはめになった主人公は、
 適当に済まそうとするが、
 もう1人の実行委員の熱いやる気に
 ひきずられていく・・・。
 主人公の心の軌跡は伝わってきたが、
 主人公を変えていくもう1人の実行委員に、
 人を変えていくほどのエネルギーや
 実在感が感じられず、
 「光の鳥」の物語と主人公の話が
 いまいちリンクしているように
 感じられなかった。
 感動も半ばといったところだった。

*今月の新刊(クリックでAmazonへ)
 完結LASBOSS×HERO 4 (少年サンデーコミックス)
 
前回更新の感想||次回更新の感想
| 目分量 | クラブサンデー | - | trackbacks(0) | - |
クラブサンデー2014年5月13日更新
最近の読売新聞は、
自説(というか政府の考え)に
都合のいい事例とか、
都合よく解釈した分析しか載せず、
反対意見を詳報しないので、
読売新聞だけ読んでても
世の中全体を俯瞰できなくなった。
1紙でニュースを追う限界を感じるが、
なかなか手軽な代替手段が見つからない。
10紙ぐらいの見出しとその掲載位置を
まとめて見せてくれる
アプリみたいなものがあったら、
有料でも使ってみたいと思うが、
無理な相談なんだろうか。


クラブサンデー
 裏サンデー
 裏サンデーU-2リーグ
 第3回裏サン投稿トーナメント募集開始
 モリタイシの後世に伝えたい美女名鑑

・【サンデーより】NOBELU -演-(原作 野島伸司 作画 吉田譲)
 物語も終盤なのだろうか。
 ノベルたちの状況については、
 もはや何がなんだかわからなかった。
 もっと緊迫感があれば、
 それはそれとして
 引き込まれたような気がするが、
 状況が切迫しているようでいながら
 もうひとつ平板に感じられた。

・市場クロガネは稼ぎたい(梧桐柾木)
 最後は、着々と謀略をめぐらしている
 という場面だったようだけど、
 回を追っても
 よくないことが起こるという
 気配が濃くなっていかないため、
 次のできごとに向けて
 ピントが引き絞られていくような
 緊張感がなく、
 いつまでももったいぶってと
 いらだちが募った。
 というようなことを
 今章に入ってから
 毎回書いてるような気がする。

・(くろ)の天使(林原翔一)
 いろいろやっているが、
 マがないせいか、
 キャラが作り物っぽいせいか、
 躍動感やテンポ感がなく、
 コメディーというより
 日記のようだった。
 唯一、
 バレリーナ登場のところで笑ったが、
 アイデアだけでは限界があるんだなあと。

ノゾ×キミ(本名ワコウ)
 「S」に連載されていた本作が、
 サンデー本誌に移籍だそうだ。
 それにちなんで、1〜3話を公開。

 こういうものに過激さを感じなくなって、
 関心も低下してしまったので、
 おさかんなことですねえぐらいしか
 感想が浮かばなかった。

 26号から「2年生編」連載開始だそうだ。

・【サンデーより】銀白のパラディン(岡啓介 監修 太田雄貴)
 サンデー本誌で始まった
 フェンシングマンガの初回。
 作者がまんカレ出身ということで
 掲載されたのだろうか。
 スポーツマンガは、
 動作自体や
 その違い(速いとか、重いとか、鋭いとか)、
 動作を受けた際の相手の動きに目がいくが、
 その辺は、何をやっているのか
 わかりにくかった。
 初回なので、何ともいえないところだが、
 決めのところが、
 いまいち決まってない印象だった。

*今月の新刊(クリックでAmazonへ)
 完結LASBOSS×HERO 4 (少年サンデーコミックス)
 
前回更新の感想||次回更新の感想
 

| 目分量 | クラブサンデー | - | trackbacks(0) | - |
クラブサンデー2014年5月6日更新
消費税率が8%になって1か月経った。
払うお金が増えたことも
それなりに衝撃があるのだけど、
それよりも外税になったことのほうが
心理的影響は大きかった。
今まで98円だったものが、
93円となっていて、
まさかの値下げといろめきたったら、外税で、
税込みだと100円と、
なんかちょっと値段上がってるし・・・。
ちょっと安くなったという勘違いと、
内税のときは意識していなかった税金額が
はっきりわかるというダブルパンチで、
なんだか重税感がつのる。
つのるだけに、
まだ足りねえとかグズグズ言いやがるのか
という気分にもなってくるわけで・・・。


クラブサンデー
 本誌が合併号だからか、
 2日の更新は休みだった。
 9日の更新も休みだそうだ。
 裏サンデー
 裏サンデーU-2リーグ
 第3回裏サン投稿トーナメント作品募集中
 モリタイシの後世に伝えたい美女名鑑

・【サンデーより】名探偵コナン(青山剛昌)
 昴が登場して、
 1、2回事件にかんだぐらいのところまでしか
 内容を把握してないので、
 今回の話にはかなり驚いた。
 とはいえ、
 今話してるのは工藤父かな。

・【読切】MONSTER×MONSTER(飛田ニキイチ)
 大狩猟時代にニートやってる主人公は、
 酒場で、期待の新人狩猟者を見かける。
 まっすぐな新人を内心バカにするが、
 そこはぼったくりバーで・・・。
 ジャンプの浮世絵マンガの線を
 ねらってるのだろうか。
 意外といえば意外な結末だったが、
 どういう話にしたいのか
 よくわからないうちに
 最後まできてしまい、
 意外性よりも、
 そう持っていきたかったのかという
 妙な納得感があった。
 オチを過信して油断した
 とでも言えばいいのか、
 上滑りした感があり、
 オチが活きなかったように思う。

 サンデーSで連載するそうだ。

・バディ!!!(西園フミコ)
 いまいち平板で、
 話のわりに盛り上がらなかった。

・今際の国のアリス(麻生羽呂)
 そういう選択か〜。
 かくれんぼのときのことを思い出した。
 どう転んでも
 やきもきすることに変わりない。

*今月の新刊(クリックでAmazonへ)
 完結LASBOSS×HERO 4 (少年サンデーコミックス)
 
前回更新の感想||次回更新の感想
| 目分量 | クラブサンデー | - | trackbacks(0) | - |
クラブサンデー2014年4月29日更新
ゴールデン・ウィークっていうより、
コールテン・ウィックみたいな。


クラブサンデー
 裏サンデー
 裏サンデーU-2リーグ
 第3回裏サン投稿トーナメント募集開始
 モリタイシの後世に伝えたい美女名鑑

・【サンデーより】氷球姫×常盤木監督の過剰な愛情(小野ハルカ)
 常盤木監督が
 いまいち突き抜けない印象だった。
 そのせいか、
 リンクとベンチと場面が変わっても、
 あまり雰囲気が変わらず、
 メリハリに欠けたように思う。

・夏空エンドラン(伊藤しろ)
 今回は話の序盤で、
 状況の推移を描く回だったので、
 退屈はしなかったが、
 何か起こると、
 相変わらず唐突に感じられる。
 唐突に起こるできごとではあるのだけど、
 それが物語の枠から
 はずれているように感じられて、
 話の推移とは関係なく驚いてしまう。

・女子高生刑事 白石ひなた(早坂ガブ)
 ひなたとクロウの立ち位置が決まって、
 話が軌道に乗った感があった。
 とはいえ、クロウがどの程度
 油断ならないやつなのか
 まだよくわからないので、
 どのぐらいハラハラすればいいのか
 わからないが、
 今までになく
 次回が待たれる終わり方だった。

*今月の新刊(クリックでAmazonへ)
 市場クロガネは稼ぎたい 5 (少年サンデーコミックス)
 バディ!!! 1 (少年サンデーコミックス)

前回更新の感想||次回更新の感想

| 目分量 | クラブサンデー | - | trackbacks(0) | - |
クラブサンデー2014年4月24日更新
今、OSがvistaのパソコンを使っていて、
使用期限が2015年までと勘違いしていたため、
買い替えようと
パソコンを見始めたところだったのだけど、
ノートパソコンあきたなと。
どうせなら、
本体がSDカードにおさまっていて、
SDカードが使えれば、
テレビでもスマホでも
パソコンの画面として使えるみたいなものが
いいなあとか、
タブレット端末で、
立てかけたらキーボードが照射されるとか、
そういうのがいいなあ、
けど、存在しないなあ、
そろそろ、懐具合と相談して、
結局安いノートパソコンとあきらめるモード?
と思ったところで、
使用期限が2017年と知ったので、
現在、思考停止中。
2年後ぐらいだと、
タブレット端末と従来PCの融合が
進むぐらいだろうか。


クラブサンデー
 裏サンデー
 裏サンデーU-2リーグ
 第3回裏サン投稿トーナメント募集開始
 モリタイシの後世に伝えたい美女名鑑

・【サンデーより】最上の明医〜ザ・キング・オブ・ニート(取材原作:入江謙三 作画:橋口たかし)
 相変わらず
 どうなるのかハラハラしたが、
 急にかどうかは知らないが、
 人の支えに感謝したりして、
 最終回みたいだなあと思ったら、
 次回最終回だそうだ。
 サンデー創刊55周年にちなんで、
 サンデー系列で55作品新連載を
 始めるというだけあって、
 連載がボロボロ終わっていく。
 これだけ一度に新連載始めると、
 雑誌の雰囲気も一気に変わるだろうか。

・LASBOSS×HERO(葛城一)
 前回と同じ印象だった。
 話は悪くないが、
 しょんぼりした感じのわりに
 テンションが
 あまり落ちなかったように感じられ、
 最後の展開と
 テンションの差が出なかったような気がする。
 ちょっと一本調子だった。

・名無しは一体誰でしょう?(原作 山田鐘人 作画 岡河亮)
 わかりやすいリアクションがあったせいか、
 やってることは
 今までと変わらないようなのに、
 メリハリがあって、
 今までになく決まってた。

*今月の新刊(クリックでAmazonへ)
 市場クロガネは稼ぎたい 5 (少年サンデーコミックス)
 バディ!!! 1 (少年サンデーコミックス)

前回更新の感想||次回更新の感想

| 目分量 | クラブサンデー | - | trackbacks(0) | - |
クラブサンデー2014年4月22日更新
先日、スーパーで洗剤を見ていたら、
外国人と日本人の男性2人組が
お店に入ってきた。
妙によそよそしい感じで、友達には見えず、
普段着すぎて、仕事関係という感じでもなく、
何だろうなあと思っていたら、
洗剤売り場にやってきた。
何の用があるんだと思ったら、
外国人のほうが洗剤を手に取って、
日本人に渡した。
もしや友達じゃないほうのツレかっと
なんかいろめきたったら、
渡された日本人が、
洗剤のパッケージを見ながら
英語で説明しだした。
外国人の買い物を手助けする
買い物ボランティアのようだった。
いろんな意味で
己の限界を感じるできごとだった。


クラブサンデー
 今年はクラサン杯はやらないのかな。
 裏サンデー
 裏サンデーU-2リーグ
 モリタイシの後世に伝えたい美女名鑑

・【サンデーより】キリヲテリブレ(森多ヒロ)
 コメディータッチのようだけど、
 コミカルに感じられなかった。
 緩急がないように感じたが、
 話のノリにのれてないだけなのか、
 実際ないのかは、
 1話読んだだけではわからなかった。

・キュピコ! 〜ふしまつ天使のミスマネージメント〜(山下文吾)
 はははは。
 前半は、
 天使だった頃の経験もあるだろうにと、
 ちょっと不自然に思ったが、
 後半の怒濤の展開に笑った。
 不憫だ(笑)。

・今際の国のアリス(麻生羽呂)
 アリスの誠実さに胸打たれた。
 タッタは、最後の最後で報われた形だが、
 一抹のむなしさはぬぐえなかった。

*今月の新刊(クリックでAmazonへ)
 市場クロガネは稼ぎたい 5 (少年サンデーコミックス)
 バディ!!! 1 (少年サンデーコミックス)

前回更新の感想||次回更新の感想

| 目分量 | クラブサンデー | - | trackbacks(0) | - |
<new | top | old>