コーヒーポッドと熊のヒゲ

世界のかたすみで何かしらつぶやく
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
LINKS
すうの奇策がまぶしい。3巻8月10日発売。
ネコ、はやりすぎ。
つぶらな瞳らしい。世の中は広い。
特集だけ読んだ。孤独のグルメには出てこなさそうな料理の写真だけでおなかいっぱいになった。
読んだ。楽して月ウン万円みたいな本を読んで、やっぱ金にしようと思うと、しちめんどくさいと思う恒例行事。
PROFILE
SEARCH
【映画】タイタンの戦い(3D・吹替)
「アバター」(感想)がなんかいまいちだったのは席のせいかもしれないと思い、見てみた。今回はほぼベストの位置で見ることができた。

「アバター」と同じような立体感だったが、「タイタンの戦い」は、近いところがより近く、遠いところがより遠くに見えているように感じた。全体的にスクリーンの近くで見ているような感じで、特にアクションシーンは、近すぎて何をやっているのかわからなかった。また、CGはこぢんまりしていて迫力に欠けた。2Dでも、近すぎる位置でスクリーンを見ていると、大きさに圧倒されるとともに、目が疲れるが、そういう感じだった。

「アバター」と合わせて考えてみると、3Dは、実際にその場に立って見ているような臨場感があるが、臨場感がありすぎて、物語に目が行かなかった。映像自体が目的になる、舞台やライブ、世界遺産の紹介みたいなもののほうが向いているような気がする。どっちにしろ、2Dを補完するだけの3Dだとあまり意味はなさそうだ。

映画の感想は、ギリシャ神話をもとにスケール感のある話にし、なおかつ、ただの漁師を主人公にすることで、リアリティーを持たせたかったのだと思うが、一兵卒みたいな主人公が小市民的な態度でことに臨んでおもしろくなるような話ではなかったと思う。
| 目分量 | 映画 | - | trackbacks(0) | - |
【映画】アバター(3D・吹替版)
初の本格3D映画ということで、やっとの思いで見に行ったが、期待はずれだった。

見る前は、スクリーンの中だけでなく、前にも映像が展開するものと漠然と思っていたが、実際は、今までより奥行きのある映像がスクリーンに映し出され、たまに物が飛び出してくるだけだった。印象としては、3Dのゲームのような感じだった。画面の中に引き込まれる感じが特に似ていたけど、立体感もビデオゲームで感じるぐらいで、拍子抜けした。

近いところほど、3Dっぽい立体感がなくなり、2Dと同じように見えたが、そういうものなのだろうか。2Dでも、遠くのものは遠くにあるように見えることを思えば、3Dは従来の映像を補完する役割しか果たしていないように見えた。たぶんこれから3Dならではの撮影技法が開発されていくのだろうけど、これを慌てて見る必要はなかったと思う。

映像は、意図的なんだかどうなんだか、かなり単調だった。ゲームでキャラが会話するときのように、会話している登場人物の顔がいつもどアップでスクリーンの前面に出ているのが、単調さに拍車をかけていた。のみならず、顔がじゃまだった。顔に隠れているものをもっと見たかった。ほかにも、景色のパノラマや飛んでいるところなど、もっと見たいと思うところは早々に切り上げて、すぐに正面から見た映像になってしまったのも不満だった。

ただ、席が前のほうの通路側だったので、わたしが見たのはベストの映像ではなかったのかもしれない。

ストーリーは、ダイジェストみたいだった。

追記:「タイタンの戦い」を見てみたところ(感想)、3D感は同じようだったので、ベストに近い映像を見たのだと思う。(2010年5月18日)

【Amazon.co.jp】アバター [初回生産限定] [DVD]
 3D版は後日発売されるそうだ。
| 目分量 | 映画 | - | trackbacks(0) | - |
【OVA】トップをねらえ!
トップをねらえ! Vol.1 [DVD]無料視聴
期間限定で無料配信中だったので、見てみた。

主人公が宇宙パイロットをめざすところから始まり、パイロットに選ばれ、宇宙へ。宇宙怪獣との戦闘や、ウラシマ効果で時間がずれ、時間を共有できなくなっていく悲哀を描く。

最初、少女マンガのスポ根もののパロディーなのかなと思って見ていたが、あまり笑えなかった。回を重ねるごとに、コメディータッチからどんどんシリアスなSFものに変わっていくが、かえって戦闘シーンで失笑が漏れた。笑うところではないはずなのにと、見ていて居心地が悪かった。

しかし、最終話は最初から引き込まれ、最後のシーンで感動した。このシーンで感動させるためにすべてがあったのだった。

しかし、そのあと、5話までは、このシーンで感動するための段取りを踏まされていたのかと思ってしまって、感動が半減した。うまい話運びだったはずだが、最終話とそれ以外で制作者に温度差があるように感じられ、感情移入できなかったように思う。制作者自身の影は隠してほしい。
| 目分量 | 映画 | - | trackbacks(0) | - |
【映画】チーム・バチスタの栄光
ドラマを先に見ていて、その印象が残っていたせいか、映画版はコンパクトにまとまっている印象を受けた。ドラマ版ではくどいほどだった白鳥のキャラクターも、映画版では、時間が短いこともあって、むしろ普通に感じられ、登場人物たちの人間模様もあっさりしたもので、手術室が殺人現場の、ちょっと変わった推理ものという以上のものではなかったと思う。特に、犯人役を演じた俳優の狂的な目つきがいかにも作っている感じで興ざめだった。

ドラマ版の感想
| 目分量 | 映画 | - | trackbacks(0) | - |
【映画】特攻大作戦
特攻大作戦 [DVD]ドイツ軍司令部を破壊するため、囚人による特殊部隊が組織された。特殊部隊が任務を遂行するまでを描く戦争アクション。

昔のアメリカ映画の明るさ、のんきさがあって、気楽に見ることができた。
バラバラだった囚人たちが、リーダーの少佐の手腕でだんだんまとまっていくところがおもしろかったが、クライマックスのドイツ軍司令部襲撃になると、それまでの娯楽作品調から中途半端に変わって、悲壮感はないものの、敵も味方もあっさり(というかまぬけに)死んでしまい、どう受け取ったらいいのか戸惑った。

allcinemaでこの映画の情報を見る
| 目分量 | 映画 | - | trackbacks(0) | - |
【映画】パール・ハーバー
パール・ハーバー 特別版 [DVD]どれくらいつまらないものなのかと思って見たが、主人公たちが三角関係に至るまでが無駄に長く、コマ送りのように動く零戦がパール・ハーバーを攻撃する場面が冗漫なうえ、最後の日本軍との戦闘が何をやっているのかよくわからないと、文句なくつまらなかった。制作者の熱意がまったく感じられなかった。

あえて何かいえば、西洋の女性のおしりは丸いというのはよく聞くことだが、西洋の男性のおしりも丸いということがわかった。
| 目分量 | 映画 | - | - | - |
【映画】メメント
メメント [DVD]10分ほどしか記憶を保てなくなった男が、殺された妻の仇を討つべく、犯人を捜す。

主人公が男を殺す場面から始まり、話を少しずつさかのぼっていくという描き方は、見る側が場面をつなぎ合わせて再構成していくという点で、パズル的なおもしろさがあった。しかし、映画に求めているのは、パズルを完成させたという達成感ではなく、周りの人にだまされっぱなしの主人公が痛々しくて、あまり楽しめなかった。

| 目分量 | 映画 | - | - | - |
【映画】ミッドナイトイーグル
ミッドナイトイーグル スタンダード・エディション [DVD]公開時のCMを見たときは、本格山岳アクションかと思い期待していたが、期待はずれだった。

主人公たちが北アルプス山中に墜落したらしいものを探しに行くと、いきなり銃撃されたり、同じく探しに来た自衛隊が襲撃されているところに遭遇したりして、サスペンスの度が深まりそうなものだったが、映像にも登場人物たちにもまったく緊張感がなく、物語を盛り上げることができなかったと思う。特に最後のほうで、爆撃機に立てこもって、迫ってくる敵と戦う場面はダラダラしているだけで、興ざめだった。上映時間を短くすべきだ。

主演の大沢たかおは、元戦場カメラマンという役どころだったが、修羅場をくぐってきたすごみやカメラマンの職業意識のようなものが出せず、話を平板なものにしてしまったと思う。
| 目分量 | 映画 | - | - | - |
【映画】阿修羅城の瞳
阿修羅城の瞳 [DVD]Amazonの商品の説明に「文化文政の江戸の町を舞台に、鬼の王・阿修羅になる宿命の女と元腕利きの鬼祓いの男の許されぬ恋を描く」とあったが、江戸時代風の架空の世界なのかと思った。

舞台が原作だけあって、場の作り方や人物の描き方が舞台的で、舞台で見たらおもしろそうだと思った。逆にいうと、映画にうまく翻案できなかったように見えた。

主役の病葉出門は軽薄な男という設定だったようだが、演じた市川染五郎は役柄に比べると重々しく、中盤ぐらいまで軽薄に見えなかった。最後、阿修羅と斬り結ぶところなど、軽いやつだからこその見せ場になっていたが、あまり盛り上がらなかった。

阿修羅が出現するまではそれでも緊張感があったが、阿修羅が出現したあとの爆発シーンがちゃちくて、興ざめだった。

| 目分量 | 映画 | - | - | - |
【映画】ポリス・ストーリー3
ポリス・ストーリー3 デジタル・リマスター版 [DVD]ジャッキー・チェンを久しぶりに見たのに、マンネリ感が漂っていた。
アクション自体はすごいことをやっているのだが、安定感がありすぎて、あまりスリルを感じなかった。



| 目分量 | 映画 | - | - | - |
<new | top | old>