コーヒーポッドと熊のヒゲ

世界のかたすみで何かしらつぶやく
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
LINKS
部長が迫ってくる様子は、一種ホラーのようでもあった。
食品保存用のアルコール製剤をかざしながら読めばいけると思い、買ってみたら、予想を超えるまみれ方をしていて、なかったことになっている。
ちゃんとした測定器って、高いよな。
読んだ。今どき珍しく、大げさに話を盛ったり無理に意味づけしたりしておらず、スッと肌になじんだが、それだけに物足りなさが残った。
読んだ。根拠が著者の主観のように感じられることが多く、あまり説得力が感じられなかった。
PROFILE
SEARCH
2017年4月13日のテレビ

恨み言しか出てこない。

 

 

・江戸を斬るV

 

「仮面の悪魔は夢じゃない」」
同心・石橋堅吾の息子・堅太郎(伊藤洋一)は、同じ塾に通う子と舟がこげるかで勝負したんだったか、小舟で大川(隅田川のこと)に乗り出すが、かいを流されてしまい、漂流。すっかり日も暮れたところで、謎の島に漂着する。人がいないか探索しようとしたところ、天狗や化け物を目撃し、船に隠れているうちに眠ってしまう。翌日、通りかかった舟に助けられ、そこが大川の中州だったことを知る。

 

ネタばれ。
堅太郎たちは、島で天狗や化け物を見たことを周囲に話すが、信じてもらえず、自分たちの名誉のため、もう一度島へ行く。そこで見たものは、天狗や化け物の面をかぶった黒装束の男たちだった。彼らは抜け荷(密輸のこと)の一時荷揚げ所として島を利用していたのだ。堅太郎は、相棒がひるむ中、悪人は許さないと様子をさぐる。

 

堅太郎たちが島で見た天狗などは、視聴者には、最初に出てきた時点でお面をかぶった悪人だとわかるが、子どもが子どもらしく勘違いして、子どもらしいプライドから、子どもらしく再度島へ行くという、子どもらしい振る舞いの子どもの話で、ふだん大人の話をしてる中に子どもの話がまじると映えると思った。

 

2度目に島に来て、化け物を怖がっていた堅太郎が、相手が人間だと気づいて探索モードに入る姿がたのもしく映った。

 

 

・警視庁捜査一課長2 初回2時間スペシャル

 

政治家の秘書が殺害された。児童養護施設で知り合い、被害者が仕えていた政治家を含む、仲のよかった3人に話を聞くが、なかなか手がかりがつかめない。そんな中、被害者の携帯電話から援交と思われる動画が発見される。事件のカギは10年前の事件にあった。という感じだったか。

 

ゲスト出演者は、国生さゆり、徳永えりむ、高橋ひとみ他。

 

女の友情にそこそこ胸打たれたもようだが、今となっては、こんな話もあったなあぐらいのおぼろげな記憶しかない。もともと2時間ドラマだったせいか、2時間のほうがレギュラー放送よりまとまってるなあと思ったと思う。

 

 

・HAWAII FIVE-O 1

 

第8話「信念」
判事が蒸し焼きにされて、殺された。

 

マフィアがらみの事件だったらしい。

 

 

・クロックワークプラネット

 

第1話「運命の歯車」
限界を迎えた地球を存続させるため、1人の男が地球を歯車機構に変えてしまった。主人公は、歯車の音を聞き分けることができる以外は秀でたところがないんだったか。だれも故障を直せなかった特別な自動人形を直したのは2話だったか。

 

で、結局どういう話なのという初回だった。

 

 

・カブキ部

 

第1話「こいつぁ春から〜」
主人公は高校入学早々、自分たちで歌舞伎を演じる部、歌舞伎部を作る。

 

現実的な学園ものを志向してるようなのに、必要な人員が都合よくそろってしまい、ありえないと引いたが、登場人物の紹介だけで判断するのは拙速とも思った。

 

 

・ETV特集

 

「境界の家 沖縄から福島へ ある原発技術者の半生」
失念。

 

最近の「ETV特集」は、取材対象者が聞かれなくてもよくしゃべるせいか、取材者の質問に問題意識があまり感じられず、取材対象者の言い分だけで、問題を一面的にとらえているように感じられ、見ても印象に残らないことが多い。と言ってごまかしとく。

 

| 目分量 | テレビ | - | trackbacks(0) | - |
2017年4月12日のテレビ

ハッと気づいたら、駅前の空き店舗が軒並み不動産屋になってた。供給過多だと思う。

 

 

・江戸を斬るV

 

「当たり富札は殺しの番号」
富くじ(今の宝くじ。寺社が修繕費を得る目的で開催)に血道を上げるぐうたら亭主(品川隆二)は、ふとしたことで千両の当たり札を手に入れ、大喜びで長屋中に酒と肴をふるまった。ところが、翌日目が覚めると、女房(本阿弥周子)に、当たり札なんかないのに、酔って帰ってきて、当たった当たった言って大盤振る舞いしちまってとあきれられてしまう。亭主は、酒と肴の代金に窮すが、なぜか命までねらわれる。実は、亭主が手に入れた当たり札は、アヘンの抜け荷(密輸のこと)の割り符に使われていたのだ。

 

落語の「芝浜の革財布」みたいな人情話と抜け荷の一味にねらわれる話を無理に合わせたような話で、本阿弥周子が長屋のおかみさんに見えないとか、品川隆二が力はいりすぎてて、周りと合わないとかあったが、内容が盛りだくさんだけあって、話がスピーディーに進み、ちょっと抜けてる人のいいぐうたら亭主が、悪党どもにねらわれるという、ハラハラせずにはいられないシチュエーションが利いていた。

 

落語の「芝浜の革財布」は、客席のお客さんからお題を三つ言ってもらい、それを即興で一つの話に仕立てる三題噺の代表作の一つ。酒好きのぐうたらな魚屋が、女房にしりをたたかれてやっと芝浜まで仕入れに行ったところ、10両の大金が入った革財布を拾った。魚屋は、財布を拾った祝いだと長屋の連中にごちそうして、どんちゃん騒ぎをするが、次の日、女房は魚屋に、金などない、夢でも見たんだろと言う。話を聞いて魚屋は泡を食うが、ごちそうした金を返すため、好きな酒を断って心を入れ替えて働き、ひとかどの商人になった。しかし実は、女房は、拾ってきた革財布を当てにする魚屋を見て、これはいかんと財布を大家に預け、財布などないふりをしたという話。だったと思う。

 


・CRISIS 公安機動隊特捜班

 

第1話
外務大臣の息子が首輪爆弾をつけられ、広場の真ん中に座らされていた。犯人は、外務大臣が、自分の息子が起こした事件を隠蔽したことを告白しろと要求してくる。

 

アクションに力を入れたと宣伝していたが、電車内でテロリストを制圧するドラマ冒頭のアクションは、振り付けどおりに体を動かすので精いっぱいのように見え、動きのキレなどは望むべくもなかった。

 

割り切れない結末で、社会派っぽかったが、権力者の特権的な振る舞いとそれを糾弾しようとする犯人の構図が陳腐に感じられたせいか、レギュラー陣の立ち位置がまだ決まっていない感じでまとまりがなかったせいか、後味が悪かっただけだった。

 


・はなかっぱ

 

 

・覆面系ノイズ

 

第1話「みんな、ほんとのこころを、かくしてる」
すごい歌声の女子高生が、待ちこがれていた幼なじみと再会したがつれなくされ、他のバンドの助っ人として歌ったんだったか。

 

主人公の張りつめた様子や、話のひりひりした雰囲気にはひかれるものがあったと思う。

 


・コードネームミラージュ

 

第1話「始まル」
警視庁には、犯人を消す以外ないと判断された事件を秘密裏に片づける特別班があった。主人公(桐島漣)は、その班の実行役。人工知能搭載の車を駆って、誘拐事件を起こしたテロリストの掃討に向かったんだったか。

 

原作は広井王子だそうで、氏の名前を久しぶりに見た。

 

アクションはそこそこ見ごたえがあったような気がする。話はどうでも、アクションさえよければどうとでもなるドラマのような気がした。

 

 

・涼宮ハルヒの憂鬱

 

第1話「涼宮ハルヒの憂鬱I」
高校に入学したキョンは、自己紹介で同じクラスに涼宮ハルヒという変な女子がいることを知る。ハルヒは、キョンがうっかり言ったことを真に受けて、自分で部を作り、キョンを強制的に入部させてしまう。

 

これがハルヒか。と思った。

 

 

・けものフレンズ
最終話「ゆうえんち」
セルリアンに飲み込まれたサーバルちゃんを助けて!

 

セルリアンと対決する場面は、ゆるいモードのまま燃えて、けっこう力が入った。最後の場面には次の冒険へのわくわく感があった。

 

昔のドラマを見ていると、何かというとすぐぶつかるぐらい人と人の距離が近く、温かさとうざさが紙一重の人間関係が描かれているが、それに比べると、今は人間関係は希薄で、昔のようにぶつかろうと思ったら、まずぶつかるぐらいまで距離を詰めなければならず、うざくない代わりに、温かみのある人間関係を結ぶにはひと手間いる状況のように思う。しかし本作は、距離を保ったまま温かな関係が描かれていたように見え、そこが現代的であり、新奇性だったのかなと思ったが、6話から見て全体像がよくわかっていないうえに、見たのも1年以上前のため、妄想が入ってる感想のような気もする。

 

| 目分量 | テレビ | - | trackbacks(0) | - |
2017年4月11日のテレビ

4月2日の読売新聞朝刊に内閣支持率の世論調査結果が載っていた。2月の54%から、森友学園問題が再燃して、今回は12ポイント減の42%だった。昨年40%を切ったことがあり、ややインパクトに欠ける数字だったと思うが、その後も、ないと言っていた文書が「発見」されるなど、末期的な状況になっていると思う。

 

ただ、ここで首相が替わっても、たぶん今と大差ないと思われ、しかしこのまま首相が続投すると、さらに状況が悪くなることが容易に予想できるという悩ましい状況で、おそらく末期なのは首相だけではないのだろうけど、それが何なのかよくわからなくて、どこに一歩踏み出せばいいのかわからなくなってるような気がする。

 


・江戸を斬るV

 

「父の無念を子が晴らす」
南町奉行所同心・石橋堅吾(関口宏)は、見廻りの最中、回船問屋の店先に置かれていた荷物を怪しく思い、調べようとするが、回船問屋と懇意の北町奉行所の与力(川辺久造)が、自分が請け合うから心配ないと止めに入る。なおも調べようとする堅吾に対し、与力は荷物に何もなかったら切腹しろと言うが、かまわず調べた結果、何も出てこず、切腹するよう与力から迫られる。南町奉行・遠山金四郎(西郷輝彦)のとりなしで、切腹は免れたが、金四郎は、思い詰める堅吾を謹慎にし、堅吾の息子・堅太郎(伊藤洋一)とともに回船問屋を調べ始める。という感じの話だったと思う。


冒頭は、人のよさそうな堅吾が、切腹を迫られて青ざめる様子に、切腹してしまうのかとハラハラしたが、以降は、第4シリーズにもあった堅太郎と金四郎が潜入して調べる話で、やや新味に欠けた。この辺は、毎日見てたからマンネリになってきたと思うのであって、時間が空けば、また違う気持ちで見られるのかもしれない。

 

 

・犯罪症候群

 

第1話
妹を暴行されて殺され、逮捕の際、犯人を殺しそうになった主人公(玉山鉄二)は、自分の中にある獣性に恐れを抱き、警察を辞め、探偵になった。警察を辞めた理由を知らない娘(桜田ひより)は、そんな父親に反発していた。そんな中、公安だったかの人(渡部篤郎)から依頼があり、事件になっていない誘拐事件を捜査することに。

 

主人公は、1軒のうちを訪ね、誘拐があったとき、ちょうど大金の用意があったことを聞き出し、払えない額ではない額を要求している点に注目する。ブログから情報収集して、家族構成と要求金額を決める手口が目新しく、話がどうなっていくのか興味をそそられた。

 

 

・タイムボカン24

 

「新選組は人○○集団だった」

 

そこそこだったような。

 

番組とは関係ないが、たしかこの回あたりで、初めてSWITCH版ゼルダのCMを見て、これはやりたくなっちゃうやつだと思った。やってないけど。

 

 

・はなかっぱ

 

 

・忠臣蔵の恋

 

第19話「誕生」

最終話「月光院」

甲府宰相綱豊は将軍になり、その側室・きよ(武井咲)は、とうとう懐妊する。

 

赤穂藩主・浅野内匠頭の正室(田中麗奈)に仕えていたきよは、殿の小姓・磯貝十郎太(福士誠治)と恋仲になるが、内匠頭(今井翼)が江戸城中で刀を抜き、吉良上野介に斬りつけたかどで切腹、赤穂家は断絶となり、恋どころではなくなってしまった。それでもきよは、仇討ちに燃える磯貝を支え、仕えている正室の願いをきき、赤穂浪士とともに吉良への仇討ちのために働く。きよの働きもあって、吉良邸討ち入りは成功するが、赤穂藩は再興されなかった。恋人は切腹し、生きていくよすがを失ったきよは、この先どうすればいいか悩むが、次期将軍の呼び声高い、甲府宰相綱豊(平山浩行)の側室となり、赤穂家再興をめざす。という感じの話だったと思う。

 

一途な女性が恋人とともに使命を果たし、その一途さゆえに出世していく、昔の、女の出世物語みたいな感じの話で、話自体が整っていたため、俳優陣の演技がいまいちでも、まとまりのあるドラマにはなっていた。

 

主人公きよの胸の内を描いていく話と思って見ていて、そのときどきの心情が細やかに描かれていれば、多少なりとも感情移入できたと思うが、主演の武井咲は、どんなときでも表情がこわばっているように見え、気持ちや気持ちの推移がよくわからなかった。そこそこ盛り上がってきても、きよが顔をこわばらせて、話の流れを止め、山場でいまいち盛り上がらなかったように思う。

 

 

・吉原炎上

 

徳川幕府が倒れ、世は明治となったが、色街である吉原の中はまだ江戸のままだった。そこに生きる花魁(おいらん。高級娼婦にあたるのだろうか)たちの生き様を描いたドラマ。

 

これが放送されたちょっと前に、村上弘明主演のスペシャル時代劇が放送されたようなのだが、見逃してしまい、今度は見逃さないと思って見てみたら、2007年に放送されたスペシャル時代劇だった。

 

吉原(江戸時代では幕府が許可した唯一の売春街で格式が高かったという説明でいいのだろうか)に売られてきた主人公(観月ありさ)は、いやいや客を取る毎日だったが、ある日、故郷にいたころ末を誓った男(林泰文)が訪ねてくる。東京の商家に勤めているという話で、結婚をちらつかせていたが、実は海軍の将校で、すでに結婚していた。この事件を乗り越えて、主人公は覚悟を決め、花魁のトップをめざす。

 

林泰文は、いい人役と思っていたが、最近悪役でちらほら見かけるようになった。似合わないことをやっているという印象だったが、本作ではひどい男の役で、10年前から役の幅を広げようとしてたのかと思った。

 

今見ると、この頃はまだ、俳優が時代劇っぽくできなくても、時代劇としての体裁を整えることができるぐらいの技術は残っていたのかと思ったが、本放送時に見たら、ただのなっちょらん時代劇に見えたと思う。

 

花魁は、自分で選んでなるものではなく、たいていは売られてきて、体を売ることを強制される職業であり、だからこそ、華やかさの影に悲しみやはかなさがつきまとうのだと思うし、話もそうなっていたと思うが、女優陣からは、虚飾に彩られたはかなさのようなものは感じられず、ついでに色気も感じられず、サバサバして、高校の運動部員のように見えた。

 

一応、明治に残された最後の江戸とその終焉を描いていたと思うが、そういった叙情みたいなものは、サバサバした女たちによってかき消されていたように思う。

 

| 目分量 | テレビ | - | trackbacks(0) | - |
2017年4月10日のテレビ

2月に更新できなかったと思ってるうちに、3月も末となり、この間、香料的なものか何かの作用で順調にHPを減らしていて、もうあきらめて、(香料的なものか何かなどない)無人島に漂着するしかないかなと思うが、なかなか漂流する機会に恵まれないため、とりあえず今は、運動不足解消という名目で、卵をかえすために毎日2キロぐらい歩いてる。キャンペーン期間中は、そんな感じでいくつもり。

 

 

・江戸を斬るV

 

「おゆきに似てた娘掏摸(すり)」

ある材木問屋が、財布をすられたといって娘を捕まえるが、娘はすでにすった財布を仲間に渡していた。同心・石橋堅吾(関口宏)は、騒ぎを聞きつけ、現場に駆けつけると、材木問屋は、すられたと思ったのは自分の勘違いだったと言って、そそくさと立ち去った。しかし堅吾は、娘スリの顔を見て驚く。南町奉行・遠山金四郎の妻・ゆき(松坂慶子二役)にそっくりだったのだ。

 

ネタばれ。
材木問屋からすった財布には、賄賂を受け取ったという作事奉行の念書が入っていたが、娘スリは字が読めず、おみくじみたいなもんだと言って神社のご神木にくくりつけ、金だけ持っていった。しかし、念書を捜す商人は、娘スリが持っていると思い込み、娘スリの子分(うえだ峻)を殺してしまう。このあとは、例によって南町奉行・遠山金四郎(西郷輝彦)がうまいことやる。

 

今回は、一応、足を洗った、娘スリの父親(織本順吉)が娘にスリをやめるように言うが、娘は聞かないという親子の確執に、材木問屋と作事奉行の贈賄事件をからめて、遠山の金さんが白洲でどっちもあざやかに解決という線をねらった話だったようだが、すった念書をご神木にくくりつけるネタは前シリーズにもあり、そのときはうまいこと考えたなと思ったが、2度目となると、ネタ切れを心配する。ゆきのそっくりさんネタも2度目であり、そろそろ長期シリーズゆえの無理が出てきたと思った。

 

 

・カオスチャイルド

 

第11話「彼の戦い」
すべての真相が明らかに。

 

ロスジェネの悲劇、渋谷地震という前日譚(エピソード0)は、主人公が追いつめられていく切迫感にドキドキし、これがどう本編につながっていくのかと期待しながら見ていたが、このときのドキドキ感に見合わない、しょぼい真相に感じられた。

 

 

・小林さんちのメイドラゴン

 

第10話
年末年始だったらしい。

 

人間界のことを知らないドラゴンたちが初めて知ることに示す反応に対する、小林ら人間のリアクションをボーッと見るアニメとして見ていたので、ボーッと見て、なごんだと思う。

 

 

・AKIBA'S TRIP

 

第11話「電マがバラバラじゃねーか」
最終話「AKIBA'S LAST TRIP」
政府が秋葉原に対する弾圧を始め、秋葉原では抵抗運動が組織されるが、自警団・電気マヨネーズはメンバーがバラバラになり、抵抗運動も次第に政府に追いつめられていく。

 

吸血鬼バグリモノ(だっけ? 表記わからん)に殺されたところを、秋葉原を守る吸血鬼に助けられ、やはり吸血鬼になった主人公が、趣都アキハバラを狙うバグリモノと戦う話と思って見ていたが、どちらかというと、趣都アキハバラに集う趣味と人々を見せるところに主眼があったように思う。

 

何でもあるというか、何でも受け入れる趣都の懐の深さに感銘を受けなかったわけではないし、趣味などに振り回される主人公の活躍も楽しくなかったわけではないが、服を脱がせて退治するというバカバカしさに注目していたため、その辺はあっさりめで、やや物足りなかった。

 

 

・クズの本懐(ドラマ版)

 

第10話
第9話の行動の結果。

 

第11話未見。

 

最終話
迷走の果て、2人の下した決断は・・・。

 

初恋という名の憑き物を落とすためにジタバタする話のようだった。

 

お互いがお互いの初恋の人の身代わりとしてつきあう高校生がたどる衝撃的な恋愛模様という感じの話だったが、やけにベッドシーンに力が入っていて、心理描写はおざなりだった印象があり、登場人物の行動が衝撃的というより唐突に感じられた。そのため、話がどこにいくのか、着地点は気になっても、心情に真実みが感じられない主人公2人には興味が持てなかった。
 

 

・太陽にほえろ

 

「復讐」

護送車が事故で横転し、そのすきをついて、護送中のひき逃げ犯(山本紀彦)が脱走した。ひき逃げ犯は周囲に、やらなければならないことがあると話していたという。ひき逃げ犯を洗い直すうち、ひき逃げ犯の子どもの具合が悪くなったときに、病院をたらい回しにされて、子どもを亡くしていたことがわかる。

 

ネタばれ。

実はひき逃げ犯は、復讐のため、子どもの診療を拒否した医師(日下武史)を車でひこうとしたが、人違いしてしまったのだった。しかし、診療拒否をした医師は、小児は専門外で、以前、自分の子どもを誤診して、危うく死なせそうになったことから、専門外のことは専門の医師に任せることにしていた。気持ちのおさまらないひき逃げ犯は、医師の子どもを誘拐する。

 

今回は、誰が悪いと一概には決めつけられない中、暴走して自滅しそうになってる犯人を助けるという、何ともいえずハラハラする話だった。

 

 

・孤独のグルメ6

 

第1話

大阪でお好み焼き定食と串カツ。

 

たしか串カツは屋台で、さすが本場だと思ったと思う。おいしそうだったという芸のない感想しかわいてこない。

 

 

・ルパン三世 隠された空中都市

 

ルパン三世誕生から50年ということで、スペシャルアニメの中で人気投票1位だったものが放送された。

 

ルパンたちは、飛行船で輸送中の宝をねらうが、空賊の襲撃とかち合い、宝の争奪戦になったんだっけ? ルパンが手にしたのは赤ん坊で、ルパンは、盗むはずだった宝を手に入れようと空賊のアジトに忍び込むが、空賊は赤ん坊を手に入れようとしてたような気がするけど、あらすじはたぶん何も合ってないと思う。

 

ルパン三世のスペシャルで視聴したものは、中の下ぐらいの話を「ルパン三世」のキャラクターで色つけて、空騒ぎしている感じのものが多かったが、それらに比べれば、可もなく不可もなく、たいしてひねりもないが無理もなく、おもしろくもつまらなくもないというのは、できのいいほうだったのかもしれない。今となっては、話も何も思い出せないけど。

 

| 目分量 | テレビ | - | trackbacks(0) | - |
2017年4月9日のテレビ

15日の読売新聞朝刊に内閣支持率の世論調査結果が掲載されていた。支持率は前月から1ポイント上がって53%と、ほぼ横ばいだった。目立ったことがなかったということではないかと思う。

 

政府に優先的に取り組んでほしい問題は何かという設問で、一番多かった回答は景気・雇用で、88%だった。さまざまな経済指標がよくなり、景気はよくなっているはずなのに、一番望まれているのは景気・雇用対策というのは、格差が拡大して、経済指標の改善で景気のよさを実感できる層が縮小していることを示しているのかなと思った。

 

 

・そして、誰もいなくなった

 

第5話

 

日本国民1人1人にナンバーが割り当てられ、そのナンバーに個人情報がすべてひもづけられて、個人の存在を証明するものになっているという舞台設定だったか。主人公(藤原竜也)は天才プログラマーだったが、ある日、自分のナンバーが服役中の人物のものとされて、自分はナンバーがなくなり、自分が自分であることを証明できなくなってしまった。会社を追われ、信頼していた人たちを頼るが、ことごとく裏切られ、ひとりぼっちになってしまうというのを5話ぐらいかけてやったらしかった。たしか2-4話は未見。

 

話自体はおもしろそうだったが、話運びがダラダラしている印象で、おもしろさがそがれたように思う。

 

 

・サンダーボルト・ファンタジー 東剣遊離

 

たしか3話未見。

 

第4話「かいれいてき(ほんとは漢字。笛の名前)のゆくえ」

 

笛を探していて、新たな仲間が加わったりしたような気もするが、すべてはおぼろげ。

 

 

・笑点

 

演芸コーナーは、新真打ち披露口上だった。

 

林家三平が大喜利のメンバーになって1年近くたった。三平の解答は、他の人が言ったらおもしろいかもなと思うようなものが多いと思う。

 

 

・岩合光昭の世界ネコ歩き

 

「ラトビア」

後半のほとんど。釣りと市長室とオケに入るネコを見たらしい。

 

市長室で市長になでられていたのはうっすら覚えているが、何を覚えているのか書くことに意味はあるのだろうか。

 

 

・おんな城主直虎

 

第14話「徳政令の行方」

領民からの請願で、井伊家の主筋に当たる今川から井伊家に、徳政令を出すよう命令が出され、井伊家は困ったことになった。ような気がする。

 

徳政令は得策ではないということになったのを、井伊家をつぶそうと今川が徳政令を出すよう迫ったんだったか。巨大な敵の魔の手を奇策で払いのけるという、話としては盛り上がるものだったが、どういうわけか平板で、盛り上がるはずのところで盛り上がらず、肩すかしをくらったような感じがした。

 

 

・ブラタモリ

 

「京都・清水寺」

お題は、なぜ人は清水寺をめざすのか。

 

清水寺の立地から、あの世とこの世の境界にあるという意味づけを浮かび上がらせていたような気がする。舞台だけじゃなかったんだなと思ったが、他に何があったかは思い出せない。

 

 

・僕のヒーローアカデミア2

 

第3話

雄英体育祭開幕。

 

テンション高いのが、浮き足立って上滑りしているように見えた。

 

| 目分量 | テレビ | - | trackbacks(0) | - |
2017年4月8日のテレビ

年賀状出すにも10円切手が必要になってるのになんですが、あけましておめでとうございます。

1年前どころか、2年前、3年前の感想を書く勢いですが、本年もよろしくお願いいたします。

 

 

・4号警備

 

第1話

民間警備会社で警備員をしている中年男性(北村一輝)は、若者(窪田正孝)と組んで、4号警備を担当することになった。4号警備は身辺警護のことで、コンビを組んで初の仕事は、盲人(水橋研二)の警護だった。

 

初回は、4号警備を渋る中年警備員に、お試しでやってもらったということだったかもしれない。話はほとんど忘れてしまったが、苦みの中に温かさのある話だったような気がする。

 

 

・伝七捕物帳(中村梅之助版)

 

第34話「赤っ鼻の五平危機一髪」

ある日、赤っ鼻の五平(瀬川新蔵)は、水茶屋の女・お袖(三浦布美子)を知った。不幸な身の上にほろりとまいり、親身に世話をするのだが、総州無宿・駒蔵(菅貫太郎)一味は、お袖を脅迫して、押し込みの手引きをさせ、そのうえ今度は五平にその片棒を担がせようというのであった。仲間の危機に黒門町の伝七は立ち上がった。

(予告編より)

赤っ鼻の五平は、伝七と張り合ってるつもりのまぬけな岡っ引きで、伝七の動向を探って出し抜こうとするが、いつもドジばかり踏んでいる。十手をかさに威張りちらす嫌みなやつだが、愛嬌があって、憎めない感じのコメディーリリーフ。ヤだネーが口癖。

 

今回はそんな五平のメイン回で、店先からアメを盗んだ子どもを捕まえた五平は、その母親のお袖にやに下がり、仕事を世話してやったが、実はお袖は盗賊の女で、それが嫌で逃げてきたものの、子どもを人質に脅され、勤め先のお店へ盗みの手引きをさせられてしまう。お袖に気のある五平も、お袖が盗みの手引きをしたことと子どもをネタに、自分たちに協力するよう盗賊に脅される。1度は断った五平だったが・・・という、シリアスそうな話だったが、窮地に陥った五平が逡巡し、葛藤するさまがどこか笑えるようになっていて、愉快に見られた。恐るべし、瀬川新蔵、だった。

 

 

・スリル! 黒の章

 

最終話「弁護士白井真之介の大恋愛」

 

主人公の白井(山本耕史)は、雛形あきこ演じる役の思わせぶりな態度にだまされ、新事務所立ち上げをえさに、汚職事件に巻き込まれたらしいが、思い出せない。

 

大きなことを言うが、いつも金に困っている弁護士の白井が、金と女の二筋道で失敗するコミカルな話だったが、主演がよくいえば端正、悪くいえば硬くて、カクカクした感じで、コミカルになっていないように感じられた。

 

このドラマは「スリル! 赤の章」とクロスオーバーしていて、赤の章の主役である警視庁庶務係中野瞳と瞳が思いを寄せている刑事(小出恵介)の2人が、黒の章でも謎解きをしていた。白井は、赤の章ではコメディーリリーフ的にチラッと出ているだけで、クロスオーバーも無理やりな感じがした。やりようによってはおもしろくなったと思うが、主役陣の躍動感のなさがそのまま話の平板さにつながっている印象だった。

 

 

・笑う招き猫

 

第3話

売れない女漫才コンビ(清水富美加、松井玲奈)の日常を描いたらしいドラマで、今回はドッキリが仕掛けられたらしい。

 

どんな感じかと思って見てみたが、コンビがただ仲悪そうに見え、いたたまれなかった。

 

 

・クズの本懐(ドラマ版)

 

第9話

女主人公は残念で、男主人公はよかったのかなだった。

 

予想外の展開で驚いた。こうなるなら、ずいぶん遠回りしたことになるんじゃないかと思った。

 

 

・カオスチャイルド

 

第10話「迫りくる過去の記憶」

主人公は、忘れていた渋谷地震のときのことを思い出す。

 

話がよくわかっていないせいか、どうしてこういう話のたたみ方になるのかよくわからなかった。

 

 

・AKIBA'S TRIP

 

第10話「真夏のアキバ・フェスティバル開幕」

主人公が属する自警団・電気マヨネーズに濡れ衣がかけられたらしい。

 

電気マヨネーズのメンバーがバラバラになったんだったか。そろそろ最終回だからか、シリアス展開だった。と思う。

それは次回だった。今回の話はもはや覚えていない。(2018年1月23日追記)

| 目分量 | テレビ | - | trackbacks(0) | - |
2017年4月7日のテレビ

よいお年を。

 

 

・江戸を斬るV

 

「御用金奪還!暁の追跡」

佐渡から御用金を運んできた一行が江戸に入り、南町奉行所同心・石橋堅吾(関口宏)たちが出迎えたところで盗賊の襲撃に遭い、警備責任者(原田清人)は死に、御用金は奪われ、警備に出張ってきていた娘岡っ引きのお京(山口いづみ)まで連れ去られてしまう。

 

御用金は、佐渡の金山で採れた金で、小判にするため江戸に運んできたところだった。盗賊は、御用金の一行を橋の上で襲い、金を橋から待機していた船に下ろし、自分たちも船に飛び降りて、逃げていった。

 

南町奉行・遠山金四郎(西郷輝彦)は、賊は船で大川(隅田川のこと)をさかのぼり、甲州街道に入ったものと推測、同心・石橋は盗賊を追って、賊に連れ去られたお京の下っ引きである金太(谷幹一)とともに旅立ち、頼りない父を案じた石橋の息子・堅太郎(伊藤洋一)は、大工の金公(金四郎の変装。堅太郎は正体を知らない。)を供に連れ、盗賊の行方を追い、金四郎の身を案じる妻のゆき(松坂慶子)は、密偵のようなことをしている次郎吉(松山英太郎)とともに甲州路へ向かうのだった。

 

前シリーズに似たような話があり、だいたい同じような展開で新鮮味はなかったが、2回目ぐらいだと、最初の御用金強奪の場面が衝撃的だったこともあり、旅の成否が案じられた。

 

 

・伝七捕物帳(中村梅之助版)

 

第33話「情(なさけ)が結ぶ廻し文」

伝馬町牢より、五、六人の放免者があった。その中に幸助(松橋登)の姿があるのを、恋仲のお町(光川環世)は見逃さなかった。お町は、遠州屋の女中として、幸助は手代として働いていた。いつしか遠州屋の店先に、ヤクザどもが出入りするようになった。番頭・重兵衛の陰謀。かんざしの中に隠された謎の文。

(予告編より)

雑な予告編だが、冒頭、お町と幸助が2人でいるところをヤクザものに襲われ、幸助は捕まり、お町は傷を追って、伝七親分行きつけの菊乃屋まで逃げ、伝七たちに助けられる。伝七はお町をかくまうが、居場所をかぎつけられ、かどわかされてしまう。かどわかした連中が狙っていたのは、お町が挿していたかんざしだったが、お町はとっさにかんざしを一緒にいた娘のたもとに忍ばせていた。

 

番頭と組んでいる悪い浪人の役で外山高士が出ていた。

 

今回は、お町がかどわかされた理由やかんざしの中に入っていた文の意味など、謎が謎を呼ぶ展開で、最後まであきさせなかった。

 

 

・タイムボカン24

 

「紫式部は○○だった」

 

だれもが一度は思ったと思われることを具現化していて、すがすがしかった。

 

 

・はなかっぱ

 

 

・忠臣蔵の恋

 

「悲願」

大奥では、誰が将軍の世継ぎを生むかで争っていた。

 

正室も側室もサバサバしているように見え、話のわりにドロドロしているようにはあまり見えなかった。陰にこもった陰険なつばぜり合いとかは、昔は女特有のものとして、女の争いを特徴づけていたが、そうでもなくなってきたようだった。

 

 

・アンフォゲッタブル 完全記憶捜査2

 

第1話

 

1度見たものは絶対に忘れない、何でも記憶している女性刑事と、その相棒の刑事で元旦那のコンビが、女性刑事の記憶をもとに難事件を解決していくシリーズもの。初回は誘拐があったらしいが、1度見たぐらいじゃ忘れるので詳細は不明。2人は、前シーズンではニューヨーク市警勤務だったそうだが、今シーズンからFBIの特捜班みたいなところに引き抜かれた。シーズン1を見てないので、この変更について特に感想はない。

 

 

・ニッポンアニメ100

 

「ロボットアニメ大集合」

 

日本で初めてアニメが作られてから100年たつそうで、100周年にちなみ、BSプレミアではアニメ関連の番組が数本作られた。この番組はその中の1つだったが、何も覚えていない。

 

 

・アリスと蔵六

 

第1話「赤の女王、逃げる」

 

初回は、研究所から逃げてきたアリスが、追っ手と異能力バトルを繰り広げていた。スケールの大きなバトルだったが、動きがワンテンポずつ遅いように見え、間延びしているように感じられた。スケール感があっても、間延びしていると興ざめで、自分にはおもしろくなさそうだと思ったが、全編ほぼバトルで、話の内容にはほとんど触れられていなかったため、続きを見るはめになった。

 

 

・サイタマノラッパー マイクの細道

 

第1話

活動休止中のラップグループに属している主人公は、ラップイベントの抽選に当たり、出場できることになってしまった。最後にイベントに出るために、昔の仲間を求めて、青森県大間へ向かう。

 

大間から東京へ帰る道々で起きる事件を描いていくようだったが、出演者がまとまりなく上滑りしているように感じられ、何が描きたいのかよくわからず、このまま空騒ぎを見るのはつらいと思ったので、以降は見なかった。

 

| 目分量 | テレビ | - | trackbacks(0) | - |
2017年4月6日のテレビ

今年は、久しぶりに図書館に行ったら、入口でアロマ噴射をしてるらしく、息苦しくなり、空調でも流してるのか、本にも存分にしみこんでるようで、本を開いたら目がチカチカして読めなかった。今なら持てないと思う。本屋、古本屋、手芸店も同様で、編み物生活にも終わりが見え、病院、デイービス、役所、交番も、いざというときに駆け込めないのではないかと危惧され、道を歩くだけで人の柔軟剤や車の芳香剤で息も絶え絶えになり、災害などが起こって避難しなきゃいけなくなっても、たぶん避難所に入れないと思う。万一の際には切り捨てられる側になった。そういう1年だった。

 

 

・江戸を斬るV

 

「使えぬ右手が謎を解く」

南町奉行・遠山金四郎の元乳母・お政の幼なじみ(藤岡琢也)は、腕のいい大工だったが、右手を骨折した後遺症で右手が思うように動かなくなってしまった。骨折で働けなかった間に借金がかさみ、返済のため働き口を探すが、腕の動かない大工を雇うところはなかった。そうこうしているうちに、幼なじみの娘が借金のカタに連れ去られてしまい、気づいた幼なじみは、慌てて金貸しの家に駆けつけるが、金貸しは殺され、娘はそばで気を失っていた。察した幼なじみは、自分がやったと言い張るが・・・。

 

その日その日は暮らせても、病気にかかったり、想定外の支出があると、すぐに首が回らなくなり、借金まみれになって、返済のために娘が身を売るという話は時代劇ではよくあって、国民皆保険制度があってよかったなあとしみじみ思う。

 

ネタばれ。

娘が金貸しに手ごめにされそうになり、もみあってるうちに過って殺しちゃったような感じで、珍しく暗い結末なのかとちょっとハラハラしていたら、犯人は別にいて、それを白洲(裁判のこと)で片肌脱いでみごと暴いた遠山裁きとなる予定だったと思われるが、片肌脱ぐところがどうもきまらなくて、奉行自身が証人だと示すために桜吹雪の入れ墨を見せるのが蛇足に見える。話自体は、父親が娘をかばい、娘が父親を思う親子の情愛がそれなりに胸を打った。

 

 

・冬芽の人

 

鈴木京香主演の2時間ドラマ。

6年前、同僚が捜査中に事故死したことに責任を感じ、刑事を辞めた主人公(鈴木京香)は、ある日、死んだ同僚の息子(瀬戸康史)と出会い、同僚の事故死には裏があったのではないかと調べ始めたんだったか。たしか渡部篤郎、要潤も出てた。

 

大移動して調査したわりには真相がしょぼかった記憶がある。主人公と同僚の息子の関係も距離が縮まってる感じがせず、クライマックスに主人公が同僚の息子を守るためにしたことには、そのためにしたという説得力があまり感じられなかった。

 

刑事を辞めても中途半端な気持ちのまま日を送ってきた主人公が、同僚の息子を通して6年前の事件にけりをつけ、再び歩き出すという、ハードボイルドな話だったと思うが、何かにつけて中途半端に感じられ、主人公の心象があまり伝わってこなかった。と思う。

 

 

・ロクでなし魔術講師と禁忌教典

 

第1話

やる気のまったくない魔術講師に優等生が腹を立て、ちゃんと授業をしろと決闘を申し込む。

 

ラッキースケベからの決闘で地位を確立、各種女子にもてもてになる魔法学園ものも、ターゲット層の年齢が上がって、講師にも需要ができたのかと思った。バトルシーンにひかれず、話はパターンの踏襲のように見えたので、以降見なかった。

 

 

・モーガン・フリーマンの時空を超えて

 

「宇宙は永遠なのか」

時間についての最新研究の紹介。

 

 

・この世にたやすい仕事はない。

 

第1話「バスアナウンスの仕事(前編)」

主人公は教師だったが、燃え尽きてしまい、今は派遣社員になって、いろんな仕事をしていた。しかし、どんな仕事でもすぐに燃え尽きてしまう。派遣会社の不思議な担当者(浅野温子)は、主人公にバスアナウンスの仕事を紹介する。

 

今回は、バスで停留所を案内する音声に入れるお店などの広告をとってきて、コピーを考え、声を吹き込むところまでをやる仕事。本当にそういう職業があるのか知らないが、楽しそうな仕事に見えた。

 

この仕事の先輩には不思議な力があって、まだない店でも、この人がアナウンスすると開店し、アナウンスを削除すると、削除された店はなくなってしまう。普通のお仕事ものではないようだが、この設定がどう転がるのか、ちょっと期待した。

 

 

・HAWAII FIVE-O 1

 

第7話

妻殺しの容疑をかけられた人が、真相究明を求めて、ツーリストを人質に軍艦に立てこもった。

 

軍艦といっても、第二次大戦中、真珠湾攻撃を受けたときのもので、観光名所になっているらしい。立てこもりは、よっぽど下手を打たない限り緊迫感にハラハラするようになっているため、あまりだれるところもなく、まあまあ見られたと思う。

 

 

・小林さんちのメイドラゴン

 

第10話

クリスマスが近づき、老人ホームの慰問で劇をやることに。

 

型どおりの話だったが、そうはいっても劇が無茶苦茶になっていくところは、ほのかにおもしろかったような気がする。

 

| 目分量 | テレビ | - | trackbacks(0) | - |
2017年4月5日のテレビ

ググるという語はすっかり一般語になったが、おググりになるとか、おググりくださいとは言わないし、こういう発展のしかたはしないような気がするので、やっぱり丁寧語は消え去る運命なのかと思った。

 

 

・ニッポンのジレンマ

 

「アメリカのジレンマ大研究」

アメリカ大統領選挙は、おおかたの予想をくつがえしてトランプ氏が当選した。そんな中、トランプ当選を予想した国際政治者・三浦瑠麗氏にトランプ氏が当選した背景を聞いた。ような気がする。

 

一応、もう1人学者を呼んで、ガチンコ対決というしつらえのようだったが、三浦氏の独壇場だった。トランプ氏が大統領選に勝ったこととトランプ氏に大統領の資質があるかは別の問題だと思うが、一緒くたに話していた印象で、なんじゃこりゃという感じだった。

 

最後のほうで、もう1人の学者が、同世代で時代感覚を共有しているから、三浦氏の言っていることに特に異論はないというようなことを言っていたが、その時代感覚があぶりだされるような議論が見たかった。

 

 

・伝七捕物帳(中村梅之助版)

 

第32話「娘十八天一坊」

地回りに追いかけられている娘・お糸(奈良富士子)を助け、菊乃屋で路銀(交通費みたいなこと)を調達し、武州熊谷まで帰した伝七たち。思わぬところでお糸と再会。材木問屋・木曽屋で捜した娘・おふゆになりすましたお糸は、江戸城北の丸ご改築のお墨付きを盗もうとしていた。その裏で、何者が娘お糸を・・・。

(予告編より)

副題の天一坊(てんいちぼう)は、八代将軍吉宗の時代に、吉宗と市井の女との間にできた子どもと称して、吉宗の息子と認めさせようとした詐欺事件があり、吉宗の息子と自称した人の名前をとって、天一坊事件と呼ばれた。今回、ごろつきのような娘が、格上のお店の娘になりすましたという意味合いで副題に使ったと思われる。

 

ネタばれ。

お糸は、地回りにからまれている芝居を打って、江戸ではやっていけないから故郷に帰りたいが金がないといって路銀をせしめるかたり(詐欺のこと)をしている不良娘。木曽屋と同じく江戸城北の丸改築工事を請け負った業者が、工事を独り占めしようと、たしかお糸が木曽屋の行方不明の娘に似ているのに目をつけて、お糸に娘のふりをさせて木曽屋に送り込み、お墨付きを盗ませようとした。

 

お墨付きは、この場合、工事を差し許すという幕府からの許可状のことと思われる。封建制度下では、幕府は何があっても上なので、町人ごときに依頼などはせず、工事させてやるという言い方になる(金は払う)。請け負うほうも、もったいなくもやらせていただくという建前だった(でも金はいただく)。

追記:そういう上下関係だったため、お墨付きをなくすような不届きなやつに工事をやらせるわけにはいかないということになって、お墨付きをなくすと、工事の許可は取り消されてしまうというふうにドラマではなっていたが、現実にはどう運用されていたのかは知らない。(2017年12月25日)

 

お糸は、子どもの頃、親に捨てられ、昔手放したくせに今さら娘を捜す木曽屋夫婦に憎しみの目を向けていたが、木曽屋が子どもを捨てたのではなく、火事ではぐれ、その後も必死で捜していたことや木曽屋のおかみさんの気持ちを知り、改心したのだった。めでてぇな。

 

お糸を演じた奈良富士子は、あまり若そうに見えず、人の気持ちにほだされるような純なところがあるようにも見えなかったが、木曽屋のおかみさんがお糸に向けた温かいまなざしや悪らつな商人などの活躍で、最後は心温まるものがあった。

 

 

「伝七捕物帳」は、今、BS日テレで平日朝っぱらの10時から再放送中です。こんな感想を読んで見てみようと思う人もいらっしゃらないと思いますが、9話ぐらいから40話台後半ぐらいまでがおもしろいです。その後は、出演者がやる気を失ったり、これじゃいかんと心を入れ替えたり、それでもネタ切れに負けていくという紆余曲折があり、内容はいまいちになっていきます。気が向いたらどうぞ。

 

 

・ルパン三世 Part2

 

第18話「ブラックパンサー」

世にもまれな宝石・ブラックパンサーを盗み、隠したところまではすべて作戦どおりだった。だが、この宝石の捜査官・コナイゾー警部が出現してからトンデモない事態へと発展した。

次回「ブラックパンサー」。また会おうぜ。

(予告編より)

この話はうっすら記憶にあったが、こんな話だったっけと思って見て、また忘れてしまった。

 

 

・はなかっぱ

 

 

・忠臣蔵の恋

 

「江戸城大奥へ」

甲府宰相綱豊(平山浩行)がもくろみどおり六代将軍となり、その側室になっていたきよ(武井咲)も大奥へ入った。きよは、いよいよ赤穂家の再興を願い出ようとするが、綱豊にさえぎられる。というような話だったと思う。

 

前回、側室になったばかりだったと思うが、綱豊があっさり将軍になってしまい、ちょっと拍子抜けした。と思う。

 

 

・クローズアップ現代+

 

デジタル写真の解像度が上がり、写真に写った指から指紋が偽造できたりするようになり、セキュリティー上の新たな問題が起きているというレポート。

 

指紋の偽造など、難しいとされていたことが、あっさり可能な世の中になっていて、単純に驚いた。

 

 

・シカゴ・メット

 

第1話「脱線」

主人公がシカゴにある病院の緊急救命室に赴任してきて早々、地下鉄で脱線事故が起こり、大量のけが人が搬送されてくる。

 

「ER 緊急救命室」を現代を舞台にリメイクしたもののようだった。初回は人物紹介だったとはいえ、生きるか死ぬかの緊張感があまり感じられなかった。

 

 

・フレームアームズ・ガール

 

第1話「轟雷」

独り暮らしの女子高生のもとに、テスト版の自律型小型ロボットが送られてくる。

 

萌え版「プラレス三四郎」なのかなと思った。

 

 

・サクラダリセット

 

第1話「MEMORY IN CHILDREN(1/3)」

能力者のいる町、サクラダ市に住む主人公は、経験したすべてを記憶する能力を持つ男子中学生。ある日、同級生だったかが、現在をリセットして、セーブした時点に時間を戻せる能力者と主人公を引き合わせる。

 

細かいところは思い出せない。たぶんあらすじはちょっと違っていると思う。

 

変わった能力で、これをどう使っていくのか興味をひかれた。

 

| 目分量 | テレビ | - | trackbacks(0) | - |
2017年4月4日のテレビ

12日の読売新聞朝刊に、今月の内閣支持率の世論調査結果が載っていた。今回は、前回からほぼ横ばいの53%だった。そのわりに不支持率が4ポイント下がった(36%)ところを見ると、世論は政治に関心がなかったのではないかと思う。

 

政党に対する支持率で、先月、しばらく注視しようと思った「支持する政党はない」は、前回は25%だったが、今回は39%と、いつもの数字に戻った。3割を割ったのは選挙だったからのようだった。もっとも、野党グダグダ、与党グズグズな感じなんで、支持政党があると言うほうが勇気がいるような状況ではあると思う。

 

 

・江戸を斬るV

 

「戦慄!殺しの請負人」

南町奉行・遠山金四郎の元乳母で、今は魚屋をやっているお政(春川ますみ)は、以前、棒手振(ぼてふり。品物をかついで売り歩く売り子のこと)に雇っていた次郎吉の店で、女中のおかめ(かわいのどか)とのみ比べをして、したたかに酔って帰る途中、材木問屋の肝煎りが殺されるところを目撃してしまう。プロの殺し屋による殺しで、見てしまったお政も殺されそうになるが、ちょうどお政の帰りが遅いのを心配して迎えに来たおゆき(松坂慶子)たちが通りかかり、用心した殺し屋たちは、お政を元締めのところへ連れ去った。

 

ネタばれ。

肝煎り(きもいり)は、同業者組合の組合長みたいな地位のことらしく、肝煎りの座を狙って、殺し屋を雇った同業者の犯行だった。金四郎(西郷輝彦)は殺しを、おゆきはお政の行方を追い、たしかおゆきは次郎吉と殺し屋の元締めのところに潜入したけど、おゆきの正体がばれて、捕まってしまうという、お政がいつ殺されるかというのとあいまって、けっこうハラハラしたと思う。

 

 

・ボキャブライダーSP

 

未来が変わるのを防ぐためだったか、突然外国人に話しかけられて英単語をど忘れした人を助けて、英単語を思い出させるボキャブライダーの活躍を描くていの英語学習番組のスペシャル版。だったと思う。

 

いろいろ考えるなあという以上の感想はなかった。

 

 

・伝七捕物帳

 

第31話「島から来た花嫁」

島帰りの辰吉(江原真二郎)と千造(堀内正美)は、門付け源三(伊藤雄之助)の口入れで土方人足の仕事にありついた。千造は土方仲間とケンカをし、妹・お千代に、吉報を待てと言って家を出た。その夜、油問屋・伊勢屋の土蔵が何者かに破られた。不可思議な賊の手口に、黒門町の伝七は、辰吉の身辺を洗う。

(予告編より)

島帰りは、流罪になった者が恩赦で帰ってくること、もしくは帰ってきた人のことで、前科者であり、島帰りと知れると世間の人々の見る目は冷たかった。主人公は、島帰りでも分け隔てなく接し、温かく見守るが、悪い岡っ引きや昔の仲間に再び悪の道に引っ張り込まれるというのが、時代劇でよくあるパターン。

 

ネタばれ。

ケンカっ早い千造は、島帰りゆえに理不尽な目に遭うことに辛抱できず、妹に金になる仕事が入ったと言い残して家を出て、数日後、死体となって発見される。実は辰吉と千造の父親は、ある盗人の手下で、2人は父親の技を受け継いでいた。その盗人が千造を盗みに使って、殺し、今度は辰吉に仕事をさせようとするが、辰吉は断る。すると、辰吉の子ども(坂上忍)を人質にとり、仕事をするよう迫るのだった。伊勢屋役は天本英世だったといえば、だいたいネタばれだろう。

 

話自体は地味だったが、盗人の頭が妖しいやつで、ちょっと怪奇味がついて、話のアクセントになっていた。

 

辰吉の子どもは、辰吉と島の女との間に生まれた子で、恩赦で帰ってくるときに、母親を江戸に連れてくることは許されなかったが、最後、盗人の捕縛に功があったからだったか、特別に母親が江戸に住むことを許されたということで、副題どおりという体裁をとっていた。最後はとってつけたようだったが、まじめに生きようとする人が、無理やり道をはずされそうになるさまが、ありきたりとはいえスリリングだった。

 

 

・タイムボカン24

 

「ナスカの地上絵は○○だった」

 

タイムスリップものなら一度はやるネタだったが、ドタバタぶりがおもしろかった。と思う。

 

 

・パンセ

 

前編

子どものころあこがれていた洋館が売りに出されていることを知り、幼なじみの3人組(パフューム)は思い切って買うが、実は、洋館に住む引きこもり中年男(勝村政信)を世話することという条件がついていた。

 

後編を録画しそこなったため、何とも言えないが、パフュームのプロモーション・ドラマみたいに感じられた。

 

 

・僕のヒーローアカデミア2

 

第2話「そういうことね、お茶子さん」

雄英体育祭が始まるよ。

 

出だしから変にテンション高くて、上滑りしている感があった。と思う。

 

 

・ETV特集

 

「こんなはずじゃなかった 在宅医療 ベッドからの問いかけ」

在宅医療の提唱者が末期がんになり、自身が提唱してきたとおり、自宅で医療を受け、家族に見守られながら過ごしている。かつては、こんな幸せなことはないと言って啓発してきたが、自分がそうなってみると、言ってきたほどいいものではなかったという。

 

どんなに恵まれた環境にあっても、死んでいく寂しさはいかんともしがたいということなのかなと思ったが、取材は遠慮がちで、内面に踏み込んでおらず、提唱者がどう思っているのかよくわからなかった。提唱者は、言ってきたことのてまえ、けじめとして取材を受けているように見受けられたが、取材者はその思いにこたえていないように感じられた。

 

 

・春の新作アニメ祭り!3作合同特別番組

 

TOKYO MXで4月から放送を開始する「グランブルー・ファンタジー」「レクリエイターズ」「エロマンガ先生」のアニメ3作品を紹介。

 

紹介番組を見ると、どれもつまらなそうに見える病なので、みんなつまんなそうに見えたが、「レクリエイターズ」と「エロマンガ先生」は見ることにした。

 

| 目分量 | テレビ | - | trackbacks(0) | - |
<new | top | old>