コーヒーポッドと熊のヒゲ

世界のかたすみで何かしらつぶやく
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
LINKS
すうの奇策がまぶしい。3巻8月10日発売。
ネコ、はやりすぎ。
つぶらな瞳らしい。世の中は広い。
特集だけ読んだ。孤独のグルメには出てこなさそうな料理の写真だけでおなかいっぱいになった。
読んだ。楽して月ウン万円みたいな本を読んで、やっぱ金にしようと思うと、しちめんどくさいと思う恒例行事。
PROFILE
SEARCH
<< 2017年03月15日のpm2.5 | main | 2017年03月16日のpm2.5 >>
2016年12月3日のテレビ

せきが止まらない。

 

 

・ドクターX 4

 

第8話

東帝大にスター(小西遼生)が極秘入院するが、マスコミにばれてしまい、スターさん大いに怒る。

 

周りが偉そうに右往左往する中、医者の本分を貫く主人公(米倉涼子)がかっこいいという、いつものパターンの話だった。まだおもしろいが、そろそろネタ切れ感が出てきたような気がする。

 

 

・半七捕物帳(尾上菊五郎版)

 

「槍突無情」

江戸では、女が槍で突かれて死ぬ事件が頻発していた。一方、獲物を売りに山から江戸へ出てくる猟師(長谷川明男)は、茶屋女に入れあげ、夫婦になるつもりでいたが、女はどこかよそよそしかった。

 

ネタばれ。

猟師の兄は、夫婦になるつもりでいた茶屋女に裏切られ、ショックのあまり気がふれて、死んでしまった。猟師は、兄の仇と、江戸の女を恨み、手当たり次第に女を槍で突いて回っていた。しかし、町方に追われて飛び込んだ長屋で出会った盲目の少女と触れ合い、恨みに固まった心も少しほぐれてきたようだったが、兄を死に追いやった茶屋女が、自分が入れあげている女であることに気づき、その茶屋女と茶屋女の情夫を手にかけた。

 

昔は、田舎者はバカにされていて、世間ズレしていない田舎者をだまして、金を巻き上げる話がよくあったが、今回の話は、陰惨な中に哀れさがあったりして、やりきれなかった。

 

 

・NHKスペシャル

 

「追跡 パナマ文書 "日本人700人"の衝撃」

タックス・ヘイブンとして有名なパナマのある会社から、顧客リストが流出し、一時期、世を騒がせた。そのパナマ文書についての続報。

 

勝手に名前を使われて、ペーパー・カンパニーを設立されたりして、本人の知らないうちに脱税の片棒を担がされているという実態が明らかになったりしているそうだ。パナマ文書は膨大で、分析はまだまだ続くらしい。

 

 

・3月のライオン

 

第8話

 

 

・亜人

 

第15話「どいつもこいつもバカばっかりだ」

佐藤を止めるために、主人公たちは、今まで自分を捕まえようとしていた政府の人間と手を組むことにしたんだったか。

 

いまいち。

 

 

・デジモンユニバース アプリモンスターズ

 

第3話

 

デジモンが現代風になってよみがえった。どんなふうに着地するのか気にならないでもなかったが、HDDが逼迫していたし、感情移入は難しそうだったので、撤退した。

 

 

・ねほりんぱほりん

 

「二次元を本気で愛する女子」

 

欲望が強いってことなのかと思った。鼻にイヤホン突っ込んで、口から、イヤホンから流れてくる音を出すというのは、欲望のなせるわざだと思った。

 

 

・牙狼

 

「偶像」

 

失念。

 

 

・高専ロボコン2016

 

「九州沖縄地区大会」

 

今回、やることが多かったせいか、全体的に低調だったが、九州沖縄地区大会は、ミッションを達成したチームがいくつかあり、マシなほうだった。

 

| 目分量 | テレビ | - | trackbacks(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | - |
url: http://cpbb.jugem.jp/trackback/3461