コーヒーポッドと熊のヒゲ

世界のかたすみで何かしらつぶやく
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
LINKS
毎週金曜夜10:30〜東京MXにて放送中。わびしくなってきた。
読んだが、ぼやぼやしてるうちに5巻が発売されてた。
ネコだもの。
電気のいらないスマホプリンター。インスタントカメラの応用らしい。
読んだ。2011年4月−2015年3月の著者による論壇時評。このあたりで日本は止まったと思った。
PROFILE
SEARCH
<< 2017年1月2日のテレビ | main | 2017年1月4日のテレビ >>
2017年1月3日のテレビ

最近ストレスフルのため、スマホゲームのファイアーエンブレム・ヒーローズに何とかしてもらおうとして、時間泥棒されるなど。

 

 

・笑点 お正月だよ大喜利スペシャル

女性タレント、仲良し、東西大喜利を見た。

 

大当たりはないが、大はずしもなく、おとそ気分でぼんやり楽しめた。

 


・伝七捕物帳(中村梅之助)

第16話「炎の中の兄と妹」
御嶽の山奥で修行した浄念坊(青木義朗)の火伏せの祈祷は、今、江戸で評判になっていた。そんなさなかに、大店・信濃屋の主・サクベエ(見明凡太郎)が何者かに殺され、下手人として大工の為吉(夏八木勲)が挙がったが、その為吉が数日前より姿をくらまし、妹・お秋は、兄・為吉を捜してくれるよう、伝七親分に依頼した。

(予告編より)

ネタばれ。

浄念坊は、江戸の安寧を願ってだったか、祭壇を自分もろとも燃やして、しかし火が消えた頃、浄念坊は無傷で現れるというイベントを行い、自らの法力をアピール、信者を増やしていた。だが、その火伏せの祈祷は、信濃屋が金主になって行ったインチキだった。

 

もうひと稼ぎするために、もう一度火伏せの祈祷をすることにするが、それには祭壇の仕掛けを作った大工の為吉の腕が必要だった。為吉は一度だけの約束だったと断るが、信濃屋は、為吉が仕事ができないように裏から手を回し、無理やり仕事を引き受けさせる。

 

ことは首尾よく運んだが、浄念坊は、いつまでも自分に恩着せがましく接する信濃屋に嫌気がさし、殺害、罪を為吉に着せたのだった。

 

そんでもって、為吉の行方は、火伏せの祈祷はどうなるのかというクライマックスになった。

 

昔の時代劇では、インチキ占い師やインチキ祈祷師の話は定番で、昔なら、またインチキ祈祷師ネタかと思ったと思うが、今見ると、現代的な話に見えた。こういうものはいつの時代にもあって、あまり変わらないということだと思う。

 

今回の話は、伝七が察しがよすぎるような気もしたが、一生懸命誠実に生きている為吉・お秋兄妹がめでたくなってほしいという気持ちのほうが強く、為吉が助かるまで、けっこう手に汗握った。

 

最後の火伏せの祈祷で浄念坊は本当に燃えそうになるが、着物のこげ方がリアルだった。今、火事のシーンなどがあると、炎がきれいに見えて、あまり火災の恐怖などを感じることはないが、昔のものは炎が恐ろしげに迫ってくるものが多く、この話でも、悪者ながら、このままでは燃えてしまうとハラハラした。

 

 

・孤独のグルメ2017お正月sp 井之頭五郎の長い一日
 

前半はレバニラ食べたらしい。後半は、お得意様である社長に、企画書の翻訳を朝までに仕上げるよう缶詰めにされ、夜食にステーキを食べた。

 

結局おっさんが何か食べてるだけだしなと思いつつ、一応見たら、おっさんが何か食べてる様子を眺めて、ニヤニヤしてた。

 

 

・大岡越前スペシャル 白洲に咲いた真実

 

東山紀之が主演のシリーズ。

前に長らく大岡越前を演じていた加藤剛が出演し、新旧共演みたいな話題づくりにされていた。

 

ある浪人(八嶋智人)は、父親を殺した仇を追って、15年もの間、旅をしてきた。ところが、藩からの援助が打ち切られることになり、途方に暮れる。そんな中、藩との連絡役だった藩士が殺害され、遺体となって発見された。

 

腐ってもタイならぬ、腐っても加藤剛という感じだった。

 

今時の俳優が演じると、仇討ちに対する義務感とか、武士の面目とかに説得力が感じられず、もう仇討ちネタは難しいというか、江戸時代をベースにすること自体が難しいと思いながら見ていたが、終盤、加藤剛扮する高潔な武士の語りと表情に胸を打たれてしまい、ドラマ全体がよかったもののようになってしまった。加藤剛ってすごい人だったんだなと思った。

 

 

・大人のピタゴラスイッチ

 

ピーマンとハトと数学だったらしい。

 

今回は、なるほどと思ったが、何をなるほどと思ったかは失念。

| 目分量 | テレビ | - | trackbacks(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | - |
url: http://cpbb.jugem.jp/trackback/3509