コーヒーポッドと熊のヒゲ

世界のかたすみで何かしらつぶやく
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
LINKS
スーパー併設の本屋で買ったら、芳香剤か何かのニオイを吸収したらしく、本を開くと息苦しくなって、読めない。
消臭剤など流してなさそうな本屋で買ったが、たっぷりしみこんでいた。使えないものを売るなと思うが、そう思う人はあまりいないのだろう。
10月6日発売。
ナノイーXを使った脱臭ハンガー。これはチェックせざるをえない。
読んだ。においについて概観しつつ、悪臭対策とよりよいかおり空間の創造について述べていた。自分とは直接関係なかったが、参考になった。
PROFILE
SEARCH
<< 2017年1月17日のテレビ | main | 2017年1月19日のテレビ >>
2017年1月18日のテレビ

アボカド豆腐というものを食べてみた。アボカドのクリーミーさがウリらしかったが、お互いがお互いの味の中核部分を打ち消しあったような感じで、何のどういう部分が残ってこんな味になったのだろうと思うような味だった。しかし、豆腐自体の持つ完成度の高さゆえか、そんなふうに思うのはこちらの問題なのかもしれないと思った。

 

今まで豆腐売り場をしげしげ見たことはなかったが、いろいろ謎の新商品が出ていて、最近マンネリ化が進んで、閉塞感の漂っている菓子パン売り場に比べて、活気があるような気がする。

 

 

・大都会III

 

「奪われたポリス・スペシャル」

丸山刑事(高品格)が襲われ、拳銃を奪われてしまう。必死で捜査を進める中、のみ屋の売り上げが強奪される事件が起きる。その事件に、奪われた拳銃が使われてしまった。

 

丸山刑事を演じている高品格が、腕の力で体を持ち上げていたのは、この前の話ではなく、この話だったかも。

 

高品格は第1シリーズから出ているが、事件ものといっていいようなドラマでアクションの少なかった第1リーズから、第2シリーズで急にアクションものになり、本シリーズではさらに過激になり、ここのところ体力的に苦しくなってきている感があった。今回、一応アクションもこなしていたが、ちょっと無理してやっている感があり、話とは別の意味でハラハラした。

 

 

・TRICKSTER 江戸川乱歩「少年探偵団」より

 

「螺旋階段」

少年探偵団の長だった明智探偵がいなくなり、原因となったハナサキ少年は、少年探偵団のメンバーからうとまれ、たそがれた日々を送っていた。ような気がする。

 

ハナサキ少年が20面相にたぶらかされた話の結末を見ていないためか、少年探偵団のメンバーは度量が小さいと思った。

 

 

・リテイク

 

第6話

戸籍監理課は、未来から現代にタイムスリップしてきた人物が何もしないよう、隔離保護する仕事をしていた。今回の未来人は、ある雑誌編集者につきまとって、子どもを産まないよう言ってくるが、目的がわからない。

 

いい話だったという、うっすらした記憶しかない。

 

 

・ブシメシ

 

第2話「菊と蛤のルンバ」

主人公(瀬戸康史)は、仕えている藩主の奥方(戸田恵子)の食欲不振を心配した藩主(草刈正雄)から、何とかしてほしいと頼まれる。

 

藩主が中間に身をやつして、主人公に会いに行く場面が、なんとなくおもしろい。ここで心をつかまれ、そのまま最後までいった印象だった。

 

 

・NHKスペシャル

 

「女たちの大震災 最新研究でわかったリスク」みたいな題だった

 

 

・ガヴリール・ドロップアウト

 

第2話「天使と悪魔と級長」

 

初回は、学年トップの優等生な天使が、人間界に研修に来て、ネットゲームにはまり、ゲーム廃人になってしまうという爆弾があり、驚いたが、今回は主人公以外の登場人物の紹介だったようで、驚きは少なかった。

 

 

・霊剣山 叡智への道

 

第1話未見。

 

第2話「戦いの始まり」

仙道の修行のため、人間界に戻り、故郷の村に帰った主人公は、まやかしの仙道を教える教団に村が支配されている現実を見せつけられる。

 

中国のアニメらしい。本場の仙人はどこか違うと思った。

 

 

・ブラックリスト1

 

最終話「ベルリン(後編)」

自身も重要指名手配犯なのに、FBIに手を貸しているレッドは、同業者でベルリンと呼ばれている男に命を狙われていた。

 

以前見ていたとき、シーズン1の最終話を見逃したため、今回見た。アメリカのドラマの慣例どおり、最終回では何も明らかにならなかったと思う。結局、ベルリンについては思わせぶりなまま終わってしまった。と思う。

 

| 目分量 | テレビ | - | trackbacks(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | - |
url: http://cpbb.jugem.jp/trackback/3524