コーヒーポッドと熊のヒゲ

世界のかたすみで何かしらつぶやく
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
LINKS
8月10日発売。
22巻9月5日発売。
8月10日発売。怒濤らしい。
特集だけ読んだ。孤独のグルメには出てこなさそうな料理の写真だけでおなかいっぱいになった。
下巻をやっと読んだ。一貫して訳者の感想を読まされているようだった。そろそろ新訳版を出してもいいのでは。
PROFILE
SEARCH
<< 2017年2月1日のテレビ | main | 2017年2月3日のテレビ >>
2017年2月2日のテレビ

スマホが再起動を繰り返して、使用に堪えなくなっていたが、熱暴走でも、メモリー容量の逼迫でも、HDD容量の逼迫のせいでもなかった。wi-fiがつながったら、再起動しなくなり、動作が安定したところをみると、電波をとらえようとジタバタしてたらしかった。

 

今は、simカードを挿入してくださいと出て、simカードを認識しないので、とりあえずsimカードの抜き差しからやるのが順当だろうと思うが、それにはまずsimカードを挿入するための台を、専用ピンを刺して取り出すに当たって、ピンがしまってあるはずの机の引き出しを見たら、思っていた場所になくて、引き出し引っかき回すのめんどくさいから、編み物用のまち針でいいかなと思ったのだけど、まち針が入っているケースを袋から取り出すのがめんどくさいというか、またスマホの電源おとすのがめんどくさいという疲弊具合に手を焼いているところ。

 

 

・大都会III

 

「頭取集団誘拐」

銀行の頭取が集まっている会合が襲われ、その場にいた頭取が全員誘拐されてしまう。

 

犯人(山本昌平、小林稔侍)は、頭取を全員バスに乗せ、各銀行ごとにその銀行の頭取に身代金を持ってこさせる手口で金を集めていた。どんどん事態が進行する中、わずかな手がかりから頭取の行方をつかもうとする刑事たちと犯人の攻防は見ごたえがあった。

 

 

・科捜研の女16

 

「京都花街殺人事件」

京都の花街・祇園のバーだったかで殺人事件が起こる。

 

今回は、土門刑事(内藤剛志)が東京出張ということで、佐野史郎扮する、花街に詳しい遊び人の刑事が、主人公マリコ(沢口靖子)とつかず離れず捜査していた。

 

祇園の景観を守るために、舞妓さんは街なかでのケータイの使用を禁止されているとか、舞妓さんが仮装をするお化けの日とか、花街らしいエピソードもあり、いつになく艶っぽい雰囲気の話だった。と思う。

 

 

・猫忍

 

第4話

今度の任務は、裏帳簿を捜すことだったか。

 

忍者である主人公(鈴木拓朗)が父親が変化した姿だと思っているネコは、貫禄があって、目に楽しいが、人間のほうは、細かい感情表現ができていないように感じられ、田舎から出てきて、なかなか江戸になじめず、それでも任務をこなしていくうちに、人の優しさに触れて、少しずつ変わっていくというあたりが、きちんと表現されていないように感じられた。

 

 

・ルパン三世Part2

 

第12話「大統領への贈り物」

大統領にクリスマス・プレゼントが贈られる。これが歴史的にいわくつきのボルドーワイン。例によってこいつをいただこうと計画。でも、またまたあいつが現れた。銭形よ。

次回「大統領への贈り物」。また会おうぜ。

(予告編より)

オチを覚えていて、オチが記憶どおりか確認するような見方をしてしまったため、いまいち楽しめず。

 

 

・ブラックリスト2

 

「ルスラン・デニソフ」

ウズベキスタンの石油のパイプラインを人質にして、身代金を要求してきたんだったか。

 

この事件には裏があったが、それが主人公たちにどんな影響を与えたかは思い出せない。

 

 

・LIFE 人生に捧げるコント

 

俳優の鈴木亮平がゲストで出演した後編のほうを見たもよう。たしか後編はトークだけで、コントには出ていなかったような気がする。

 

 

・3月のライオン

 

第15回

獅子王戦挑戦者決定戦。

 

試合が盛り上がると、話も盛り上がる印象。

 

 

・Rewrite(2)

 

第16話

文明を存続させる方策を研究しているらしいカガリを葬って、人類の滅亡を完遂するために送られてきた軍団を倒すため、主人公は、オカルト研究会のみんなと一緒に戦う。

 

振り返ると、ここが一番盛り上がったような。

 

 

・亜人ちゃんは語りたい

 

第4話「高橋鉄男は守りたい」

亜人担当生物教師・高橋鉄男が、今の心情を吐露していたんだったか。

 

いつも高橋のモノローグで話が進んでいるが、今回は観察対象が亜人ではなく、自分という感じだったか。同級生ではなく、社会人の視点で語られるモノローグは、自分が年を取ったせいもあって、親近感がわく。

 

 

・【映画】ドクター・ストレンジ

 

天才を鼻にかけた傲慢な外科医(ベネディクト・カンバーバッチ)は、自動車事故を起こし、その後遺症で外科医が続けられなくなってしまう。しかし、外科医しかない主人公は、魔法と出合い、魔法に活路を見いだそうとする。3D、吹き替え版。

 

宣伝で、今までにない3D映像みたいなことを言っていたため、3Dで見た。魔法で建物が無限に広がっていくような場面は、たしかに今までになかったように思うが、3Dは、視線が一点に集中するせいか、画面が実際より小さく見え、広がっていくイメージなのに、逆に一点に収れんしていくような印象を受け、ダイナミックさや広がっていく感じがあまり感じられなかった。現行の3Dの限界を見たような気がした。

 

この映画の主人公は、アメリカのアクションものによくある、ピンチに陥ったときでも軽口たたきながら、余裕で敵をたたきのめすタイプの人物のようだったが、主演のベネディクト・カンバーバッチは、魔法の威力にリアリティーを感じさせるなど、たしかな演技力を感じさせるところもあったものの、どんなときでもまじめで折り目正しい感じに見えてしまい、この役にはあまり合っていない印象だった。

 

全体的には、主演のベネディクト・カンバーバッチのおかげで、荒唐無稽な部分にも現実感があり、物語に説得力があったが、コミカルな部分がうまくいかなかった印象で、あまり笑えなかった。

 

Amazonビデオ

 

| 目分量 | テレビ | - | trackbacks(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | - |
url: http://cpbb.jugem.jp/trackback/3537